カルラ・フラッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Carla Fracci 2014.JPG

カルラ・フラッチCarla Fracci1936年8月20日 - )は、イタリアバレエダンサーである。

経歴[編集]

ミラノに生まれる。ミラノ・スカラ座バレエ学校で、ワガノワバレエ学校出身のヴェラ・ヴォルコワなどにバレエを学び、1954年に卒業してスカラ座バレエ団に入団する。1956年にソリスト、1958年にプリマバレリーナに昇進した[1][2][3]

1959年、ロンドン・フェスティバル・バレエ団(現在のイングリッシュ・ナショナルバレエ団)の招きを受けて初めて『ジゼル』を踊った。フラッチはアリシア・マルコワの踊った『ジゼル』に憧れを持っていたが、この時にマルコワのパートナーを務めていたアントン・ドーリンから指導を受けて、その後、『ジゼル』を最も得意な役柄とした[1]。ロマンチック・バレエ期の作品を得意とし、『ジゼル』以外でも『ラ・シルフィード』などのタイトルロールは絶品と評された[2][3]

イタリアを代表する国際的なバレリーナとして、20世紀に名声を確立した初めてのイタリア人ダンサーと評価され、ロイヤル・バレエ団アメリカン・バレエ・シアター、シュトゥットガルト・バレエ団など、世界中のバレエ団にゲストとして招かれ、高い人気があった[2][3]。日本にも世界バレエ・フェスティバルへの出演などで数回来日している。

1996年に、ローラン・プティはフラッチのバレエ生活50年の記念として、コレットの小説をもとにした『シェリ』(プーランク音楽)を彼女とマッシモ・ムッルに振り付けた[4]

なお、彼女の名を冠した『カルラ・フラッチ』ブランドのフレグランスが発売されている。また、2004年10月16日には、国際連合食糧農業機関(FAO)のアンバサダーに任命された[5]

出演[編集]

映画[編集]

DVD[編集]


脚注[編集]

  1. ^ a b 『バレエ・ピープル101』146頁。
  2. ^ a b c 『バレエ音楽百科』318頁。
  3. ^ a b c 『オックスフォード バレエダンス事典』455頁。
  4. ^ 『バレエ音楽百科』131頁。
  5. ^ FAO Goodwill Ambassador website 2011年7月10日閲覧。(英語)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]