カルミア属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルミア属クロンキスト体系
Kalmia latifolia3.jpg
アメリカシャクナゲ(Kalmia latifolia
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
: カルミア属 Kalmia
  • 本文参照

カルミア属とはツツジ科に属する植物の属。約7種があり、常緑の低木で高さは0.2-5 m 。北アメリカおよびキューバ原産。酸性の土壌で生育する。北アメリカの植物を収集したスウェーデンの植物学者ペール・カルムPehr Kalm)にちなみ命名された。

特徴[編集]

は披針形で長さ2-12 cmであり、に螺旋状につく。つぼみは突起があり金平糖状。は白、ピンク、紫などで、10から50個の散房花序である。ツツジ属に似るがより平らで、星型の萼とつながった5枚の花弁がある。直径は1-3 cm 。果実は5つの丸い突出部のあるさく果で、開裂して多数の小さな種子を出す。

葉はグラヤノトキシンを含み有毒。特にが中毒しやすく、一部の種はLambkill(「羊殺し」)と呼ばれている。

観賞用に栽培される。

[編集]

  • Kalmia angustifolia L. (ホソバアメリカシャクナゲ)
  • K. carolina Small
  • K. cuneata Michx.
  • K. ericoides Wright
  • K. hirsuta Walt.
  • K. latifolia L. (アメリカシャクナゲ)
  • K. polifolia Wangenh.
    • K. p. var. microphylla (Hook.) Rehder