カルマ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルマ
Kalmah
2008年、オウルでのライヴ}
2008年、オウルでのライヴ
基本情報
別名 カルマー
アンセスター (Ancestor)
(1991 - 1993, 1995 - 1998)
出身地 フィンランドの旗 フィンランド オウル州
プダスヤルヴィ (1991-1998)
北ポフヤンマー県
オウル郡 オウル (1998-)
ジャンル メロディックデスメタル
活動期間 1991年 - 1993年
1995年頃 -
レーベル スパイクファーム・レコード
センチュリー・メディア・レコード
キング・レコード
ユニバーサルインターナショナル
共同作業者 アティ・コルテライネン
公式サイト www.kalmah.com
メンバー
ペッカ・コッコ (ボーカル, リズムギター)
アンティ・コッコ (リードギター)
ティモ・レフティネン (ベース)
ヤンネ・クスミン (ドラム)
ヴェリ=マッティ・カナネン (キーボード)
旧メンバー
アンシ・セッパネン (ギター)
パシ・プハッカ (ベース)
サウリ・イリレフト (ベース)
アルッティ・フェテレイネン (ベース)
アンティ=マッティ・タラーラ (キーボード)
パシ・ヒルトゥラ (キーボード)
マルコ・スネック (キーボード)
ペトリ・サンカラ (ドラム)

カルマKalmah)は、フィンランドメロディックデスメタルバンドである。バンド名は、カルマーと表記されることもある[注釈 1]。バンドは、自身の音楽性をスワンプ・メタル (Swamp Metal)とも呼んでいる。

カルマ (Kalmah)としての活動は1998年からであるが、1991年の結成から1998年まではアンセスター (Ancestor)というバンドであった[1][2][注釈 2]

Kalmahは、カレリア語で、to The Graveを意味する言葉である[3]

略歴[編集]

1991年に、フィンランドオウル州プダスヤルヴィで、ペッカ・コッコ (Vo, B)、ペトリ・サンカラ (Dr)によって、アンセスター (Ancestor)が結成される[1][2]1992年にアンシ・セッパネン (G)が加入し、同年に1stデモ『Ethereal Devotion』をリリース。同デモは、アンシ・セッパネンが中心で作曲を行った。このデモでは、スピードメタルスラッシュメタルを演奏していた[4]。リリース後、アンシ・セッパネンが脱退[4]。脱退後、元アンドロメダのアルッティ・フェテレイネン (B)が加入し、ペッカ・コッコがベースからギターに転向[5]1993年に2ndデモ『With No Strings Attached』をリリース[4]。同デモでは、より純粋なスラッシュメタルに近い音楽性となった[4]。ペッカ・コッコの兵役によって、アンセスターが活動を停止すると、ベーシストのアルッティ・フェテレイネンは、かつてアンドロメダで活動を共にしていたヤルモ・プオラカナホと共に、Moshington D.C.エターナル・ティアーズ・オヴ・ソロウの前身)を結成している[4]

ペッカ・コッコの兵役が終わると、アンセスターの活動が再開する。活動再開に際しては、アルッティ・フェテレイネンが復帰せず、新たにパシ・プハッカ (B)が加入。加えてペッカ・コッコの実弟、アンティ・コッコ (Lead G)が加入し4人体制となる[1]1997年に3rdデモ『Material World - God』をリリース[4]。リリース後、パシ・プハッカが脱退し、サウリ・イリレフト (B)が加入[5]1998年に4thデモ『Tomorrow』をリリース。しかし、元ベーシストのアルッティ・フェテレイネンが復帰することになり、サウリ・イリレフトが脱退する[5]。更に同年中に5thデモ『Under the Burbot's Nest』をリリース。しかし、レーベル契約の話は無く、1998年終わり頃、アンセスターは解散する[2]

アンセスター解散後、間を置くことなくカルマ (Kalmah)を結成[2]。このときのメンバーは、アンセスター解散時のメンバー、ペッカ・コッコ(Vo,G)、アンティ・コッコ(Lead G)、ペトリ・サンカラ(Dr)、アルッティ・フェテレイネン(B)の4人に、アンティ=マッティ・タラーラ (Key)を加えた5人であった[6]。またカルマ結成に当たって、活動の拠点をプダスヤルヴィからオウルへと移している。また、アンセスターでは、スラッシュメタル色の強い音楽性であったが、カルマではメロディックデスメタルへと音楽性を転換させている[5]1999年に、1stデモ『Svieri Obraza』を製作。これによって、スパインファーム・レコードの傘下のスパイクファーム・レコードと契約した。また、同年中にキーボーディストがパシ・ヒルトゥラ (Key)に交代している[6]

2000年に1stアルバム『Swamplord』をリリース。同年末にアルッティ・フェテレイネン、ペトリ・サンカラが脱退し、カタメニアで活動するティモ・レフティネン (B)と、ヤンネ・クスミン (Dr)が加入する[6]2002年に2ndアルバム『They Will Return』、翌2003年に3rdアルバム『Swampsong』をリリース。

2004年にパシ・ヒルトゥラが脱退[7]。すぐには、メンバー補充ができず、サポートを立てることもなく、ライヴでは、ギターアンサンブルを強化して対応した[7]。その後、同年中にポイズンブラックなどで活動するマルコ・スネック (Key)が加入[7]2006年に4thアルバム『The Black Waltz』をリリース[7]。このアルバムより、ペッカ・コッコのデスヴォイスが今までのものよりも低音に変わった。

2008年に5thアルバム『For the Revolution』をリリース。日本では、レーベルをキングレコードからユニバーサルインターナショナルに移籍してリリースすることとなった。2010年に、6thアルバム『12 Gauge』をリリース。日本では、再びキングレコードからのリリースとなった。

2011年9月13日、公式Facebook上で、マルコ・スネックの脱退が発表された[8]。翌2012年2月15日、後任としてOne Mourning Leftなどで活動するヴェリ=マッティ・カナネン (Key)の加入が発表された。ヴェリ=マッティ・カナネンは、マルコ・スネック脱退後のツアーにセッションとして参加しており、そのまま正式加入する運びとなった。2013年6月、7thアルバム『Seventh Swamphony』をリリース。

その他[編集]

  • カルマは2003年頃まで、カルマと同じプダスヤルヴィ出身のメロディックデスメタルバンドのエターナル・ティアーズ・オブ・ソロウと深い繋がりを持っていた。特に、2000年にアンティ・コッコがエターナル・ティアーズ・オヴ・ソロウに加入したときは、ペッカ・コッコ以外のメンバー4人がカルマとエターナル・ティアーズ・オブ・ソロウとを掛け持ちしているという状態になった。その後、上述したように2001年に、アルッティ・フェテレイネンとペトリ・サンカラがカルマから脱退し、2003年にはアンティ・コッコとパシ・ヒルトゥラがエターナル・ティアーズ・オブ・ソロウから脱退したことで、両バンドを掛け持ちしているメンバーはないなくなった。
  • カルマは、5thアルバム『For the Revolution』のリリースがあった2008年中頃まで、ライヴ活動が非常に少ないバンドであった。1stアルバム『Swamplord』リリース後から、5thアルバム『For the Revolution』のリリースまでのライヴは合計でわずか29本で、フィンランドが中心であった[9]。また、1stアルバム『Swamplord』リリース後から、初ライヴを行うのにも2年の時間がかかっている[9]。その後、ライヴ本数は徐々に増えてきている。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

現メンバー

ペッカ・コッコ(Vo, G)
Pekka Kokko
アンティ・コッコ (G)
Antti Kokko
ティモ・レフティネン (B)
Timo Lehtinen
ヤンネ・クスミン (Ds)
Janne Kusmin
ヴェリ=マッティ・カナネン (Key)
Veli-Matti Kananen
バンドのメインコンポーザーの1人であり、メインソングライターでもある。
アンセスター活動初期の1993年までは、ギターではなくボーカル・ベースを担当していた。
バンドのメインコンポーザーの1人。アルバムのプロデュースにおいても中心的な役割を担っている[2]。ペッカの実弟
Remains、エターナル・ティアーズ・オヴ・ソロウでも活動していた。
  • ティモ "レデ" レフティネン Timo "Lede" Lehtinen - ベース (2001年 - )
カタメニア、Mythos、End of Youでも活動。
  • ヤンネ・クスミン Janne Kusmin - ドラム (2001年 - )
カタメニア、Soulhammer、Limator、Mental Voice、Wrathageでも活動。
2011年のマルコ・スネック脱退後から、ライヴにサポートで参加。2012年に正式に加入した。
One Morning Left、Tacereでも活動。

元メンバー[編集]

アンセスター時代のみの在籍。1stデモ『Ethereal Devotion』ではメインコンポーザーであった。
アンセスター時代のみの在籍。
  • サウリ・イリレフト Sauli Ylilehto - ベース (1997年 - 1998年)
アンセスター時代のみの在籍。
  • アルッティ・フェテレイネン Altti Veteläinen - ベース(1993年、1998年 - 2000年)
フォー・マイ・ペインエターナル・ティアーズ・オヴ・ソロウで活動。
フォー・マイ・ペインソウルレリックエターナル・ティアーズ・オヴ・ソロウでも活動していた。トゥ/ダイ/フォー、で活動中。
  • パシ・ヒルトゥラ Pasi Hiltula - キーボード(1999年 - 2004年
エターナル・ティアーズ・オヴ・ソロウ、Scenery Channelで活動。
  • マルコ・スネック Marco Sneck - キーボード(2004年 - 2011年
在籍時は、各アルバム数曲の作曲を行った。
カロン、Ferocia、Mental Voice、ポイズンブラックNothnegal、Slippery、Stargazeryで活動。
  • ペトリ・サンカラ Petri Sankala - ドラム(1991年 - 2000年)
エターナル・ティアーズ・オヴ・ソロウフォー・マイ・ペインで活動。

タイムライン[編集]

アンセスター時代を含めて記載する。日時については、おおよそであり、完全な日時ではない。

Timeline error. Could not store output files

ディスコグラフィ[編集]

Kalmah名義[編集]

Ancestor名義[編集]

  • 1992年 Ethereal Devotion (Demo)
  • 1993年 Material World God (Demo)
  • 1997年 With No Strings Attached (Demo)
  • 1998年 Tomorrow (Demo)
  • 1998年 Under the Burbot's Nest (Demo)

注釈[編集]

  1. ^ 2ndアルバム『They Will Return』、5thアルバム『For the Revolution』で使用。
  2. ^ 日本でリリースされたアルバムライナーノートでは、1999年にバンド名変更となっているが、公式サイトなどでは基本的に1998年に変更されたと書かれている。
  3. ^ 3rdアルバム『Swampsong』からはバンド自身がプロデュースを行っている
  4. ^ 5thアルバム『For the Revolution』以降は、カッティングルーム (Cutting Room)のホーカン・オーケソンが担当、7thアルバム『Seventh Swamphony』では、ミキシングと同じくイェンス・ボグレンマスタリングを担当した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Kalmah - Web Gauge Biography”. Kalmah. 2012年9月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e Kokko, Pekka (2010年3月12日) (html). Interview Kalmah 2010. インタビュアー:Eugene Straver. Metal-Experience.com.. http://www.metal-experience.com/interviews/2010/Interview%20Kalmah%202010.htm 2012年9月23日閲覧。 
  3. ^ http://metalreview.com/Interviews/30160/Antti-Kokko-of-Kalmah.aspx [リンク切れ]
  4. ^ a b c d e f Ancestor - Encyclopaedia Metallum: The Metal Archives”. Encyclopaedia Metallum (2012年8月30日). 2012年9月23日閲覧。
  5. ^ a b c d 和田誠 (2001年) (日本語) (CDライナー). 「Swamplord」. カルマ. 東京都文京区: キングレコード. KICP-788. 
  6. ^ a b c 和田誠 (2002年) (日本語) (CDライナー). 「They Will Return」. カルマー. 東京都文京区: キングレコード. KICP-866. 
  7. ^ a b c d 和田誠 (2006年) (日本語) (CDライナー). 「The Black Waltz」. カルマ. 東京都文京区: キングレコード. KICP-1141. 
  8. ^ Kalmah (2011年9月13日). “13.9.2011 - Future plans (html)” (英語). Facebook. 2011年9月14日閲覧。
  9. ^ a b 前田岳彦 (2008年) (日本語) (CDライナー). 「For the Revolution」. カルマー. 東京都港区: ユニバーサルインターナショナル. UICO-9041. 

外部リンク[編集]