カルボキサミド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルボキサミドの例。カルバマゼピン(CBZ)。

カルボキサミド(Carboxamide)は、カルボキサミド基を持ち抗てんかん薬として使われる薬品群である。カルボキサミド基(carboxamido group、アミノカルボニル基)は有機化合物において一般式が -CO-NH2 と表される1価の官能基のことで、有機化学ではカルボキサミド基を持つ化合物群をカルボキサミドと呼ぶ。農薬で、カルボキサミド系と呼ばれる一連の殺菌剤が知られる。

アスパラギングルタミンの2種類のアミノ酸はカルボキサミド基を持つ。

カルボキサミド基を持つ薬品[編集]

関連項目[編集]