カルパナ・チャウラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kalpana Chawla
ਕਲਪਨਾ ਚਾਵਲਾ
宇宙飛行士
国籍

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

India
誕生 1962年3月17日
死没 2003年2月1日(満40歳没)
他の職業 科学者
記章 Sts-87-patch.png STS-107 Flight Insignia.svg

カルパナ・チャウラ1962年3月17日 - 2003年2月1日)は、インドアメリカ宇宙飛行士スペースシャトルのミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者)。スペースシャトル・コロンビアの事故(コロンビア号空中分解事故)により死亡した 7人の飛行士のうちの1人。

ハリヤーナー州カルナールの出身。パンジャブ工科大学を卒業後渡米し、テキサス大学アーリントン校で修士号、コロンビア大学で航空宇宙工学の博士号を取得した。アメリカ人男性と結婚して1991年にアメリカ合衆国の国籍を取得。

宇宙飛行士としてはミッション・スペシャリストとしてロボットアームの操作訓練を受け、1997年に打ち上げられたスペースシャトルミッションSTS-87では、太陽観測衛星スパルタン201-04の放出と回収になど携わった。2回目のシャトル搭乗となった2003年のミッションSTS-107では微小重力下の実験を担当したが、シャトル帰還時に発生した機体分解事故により殉職した。

事故の前年に打ち上げられていたインドの気象衛星MetSat-1は、彼女を記念して2003年にKalpana-1(カルパナ-1)と改名された。また小惑星 カルパナ・チャウラ (小惑星)も彼女を記念した命名である。