カルテット・サンフランシスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルテット・サンフランシスコ
基本情報
出身地 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ
ジャンル ジャズブルースタンゴスウィングファンクポップ
活動期間 2001年–現在
レーベル ヴァイオリン・ジャズ
公式サイト www.quartetsanfrancisco.com
メンバー
ジェレミー・コーエン、ヴァイオリン
マシュー・ゼメラ、ヴァイオリン
チャド・カルティンガー、ヴィオラ
ケリー・マウルベッシュ、チェロ
旧メンバー

ジェームズ・シャレンバーガー、ヴァイオリン(2001–2002年)
ドーン・ハームス、ヴァイオリン(2002–2004年)
カヨ・ミキ、ヴァイオリン(2004–2008年)
アリス・ローズ、ヴァイオリン(2009-2011年)
エミリー・オンダードンク、ヴィオラ(2002–2008年)
キース・ローレンス、ヴィオラ(2008-2012年)
ジョエル・コーエン、チェロ(2001–2008年)

ミシェル・ジョキック、チェロ

カルテット・サンフランシスコ(Quartet San Francisco)は、ジェレミー・コーエン率いる非伝統的、折衷派の弦楽四重奏団。2001年に初めてのコンサートを行い、これまでに6作のアルバムレコーディングしている。ジャズブルースからタンゴスウィングファンクポップまで幅広く演奏し[1]、古典的クラシック音楽を基礎に、弦楽四重奏が持つ可能性に挑戦している。

2004年のニューヨークで行われた国際タンゴ・ミュージック・コンクールで優勝し[2]、過去リリースした3作品でグラミー賞に5回ノミネートされている(最優秀クラシック・クロスオーヴァー・アルバム賞に3度、最優秀アルバム技術賞クラシック部門に2度)[3]。2002年にタンゴダンサーとのコラボレーションを開始。2004年から2006年の間カリフォルニア・オークランドのミルズ大学のレジデンス・カルテットを務めた。

近年、カルテット・サンフランシスコは中国、韓国、日本、トルコで演奏したほか、アメリカ国内ではニューヨークのポワソン・ルージュ、サンフランシスコのヨシズ・ジャズクラブ、コネチカットのブルーベック・ルーム等で演奏。オーケストラとはマリン・シンフォニー、タルサ交響楽団、サンノゼ室内オーケストラと共演。これまでにコーニングガラス美術館(ニューヨーク)、トロイ・ミュージック・ホール(ニューヨーク)、ハーブストシアター(サンフランシスコ)、カフェ・トルトーニ(ブエノスアイレス)、ポートランド・フレンズ・オブ・チェンバー・ミュージック、ラホヤ・ミュージック・ソサエティ、マーサズ・ヴィニヤード・チェンバー・ミュージック・ソサエティ音楽祭、バーモント大学コンサートシリーズ、サン・ルイス・オビスポ・モーツァルトフェスティバル、ダンバートン・コンサート・シリーズ(ワシントンDC)、マンハッタン音楽院、バークリー音楽大学(ボストン)、ザ・ジャズスクール(バークレー)、フォード・アンフィシアター(ロサンゼルス)等で演奏。

2013年、全作品カリフォルニアの作曲家による『Pacific Premiers: New Works for California Composers』をリリース。Gordon GoodwinとVince Mendozaによる作品がグラミー賞最優秀インストゥルメンタル作曲賞にノミネートされた。

2009年にリリースされた『QSFプレイズ・ブルーベック』で、楽団としては3作連続となる最優秀クラシック・クロスオーヴァー・アルバム賞にノミネートされた。デイヴ・ブルーベックにインスパイアされた本作は最優秀アルバム技術賞クラシック部門にもノミネートされ、スカイウォーカー・サウンドでレコーディングおよび、マスタリングを手がけたジュディ・カーシュナーがその栄誉に預かった。ブルーベック作品として全収録曲が弦楽四重奏された最初のアルバムでもある[3]

『ワールド・チェンバー・ミュージック』(2007)は、ブルースや、ジャズ、タンゴ、ロックといったアメリカの音楽ジャンルをミックスした作品である[4]。18曲中7曲がレイモンド・スコットの作曲である。ベテラン・レコーディング・エンジニアレスリー・アン・ジョーンズのもと、2007年6月12-15日にかけてスカイウォーカー・サウンドでレコーディングされた[5]。最優秀クラシック・クロスオーヴァー・アルバム賞ノミネート作品。

タンゴやラテンのナンバーをフィーチャーした2006年のCD『ラティーゴ』も最優秀クラシック・クロスオーヴァー・アルバム賞及び最優秀アルバム技術賞クラシック部門にノミネートされた。スカイウォーカー・サウンドで2005年8月22-24日にかけてレコーディングされた。レコーディング・エンジニアはジョーンズ、ミキシング・エンジニアはキルシュナー、マスタリング・エンジニアはバーニー・グランドマンである[6]

デビュー作となるセルフタイトル・アルバム『カルテット・サンフランシスコ』は2002年にリリース。コーエンのほかは、ヴァイオリンのジェームズ・シャレンバーガー、ヴィオラのエミリー・オンダードンク、チェロのジョエル・コーエン、コントラバス・ヴァイオリンのジェイムズ・カーウィンが参加した[7]。アルバムではスコットとブルーベック作品のほか、アルゼンチン・タンゴを4曲と、ヘンリー・マンシーニや、スティーヴィー・ワンダーの作品が演奏されている[8]


脚注[編集]

  1. ^ Cohen, Jeremy. “About the Quartet”. Quartet San Francisco. 2010年2月22日閲覧。
  2. ^ Jeffrey, James. “Quartet San Francisco Wins International Tango Competition: Prize Includes Concerts in Argentina and New York”. Jeffrey James Arts Consulting. 2010年2月12日閲覧。
  3. ^ a b "KDFC presents Quartet San Francisco Plays Brubeck." Yoshi's Jazz Club, San Francisco, January 25, 2010. Accessed February 12, 2010.
  4. ^ Whirled Chamber Music. Violin Jazz. Accessed on February 12, 2010.
  5. ^ Whirled Chamber Music Credits. Recordings. Quartet San Francisco. Accessed on February 12, 2010.
  6. ^ Látigo. Violin Jazz. Accessed on February 12, 2010.
  7. ^ Quartet San Francisco. Violin Jazz. Accessed on February 12, 2010.
  8. ^ Quartet San Francisco. Recordings. Quartet San Francisco. Accessed on February 12, 2010.