カルツォーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルツォーネ

カルツォーネ: calzone、「ストッキング」または「ズボン」の意味[1])は、イタリアのターンオーバー(両面焼きペイストリー)である。ピザと同様の材料で作られ[2]、三日月型に折りたたんで調理する。カルツォーネのフィリングはトマトとモッツァレッラが定番であり、他に一般的なピザのトッピングの材料も使われる。

イタリア語のcalzoneイタリア語発音: [kalˈtsoːne]のように3つの音節がある。英語の発音は大きく変化し、イギリスでは英語発音: [kælˈtsoʊni]または/kælˈzoʊni/、アメリカでは英語発音: [kælˈzoʊni]/kælˈzoʊneɪ/、または/kælˈzoʊn/である。

各地域のカルツォーネ[編集]

イタリアの昼食カウンターまたは街頭では、立ってまたは歩きながら食べやすいように[要出典]サンドイッチ大のカルツォーネが販売される。マルケ州では、小さなクッキー程の大きさの甘いカルツォーネが名物である[要出典]プッリャ州の揚げたカルツォーネは、フィリングがトマトとモッツァレッラチーズであり、パンツェロッティ (panzarottiと呼ばれる。

シチリアのピザ、cuddiruniまたはcudduruniと多少関連している。フィリングはタマネギ(またはジャガイモブロッコリー等の他の野菜)、アンチョビ、オリーブ、チーズ、モルタデッラであり、延ばしたピザ生地でフィリングを折り包んで縁を編み込んだ後に揚げる。

アメリカ合衆国のカルツォーネ[編集]

アメリカ合衆国では、カルツォーネはピザ生地で作りチーズ、ハムサラミ、野菜等様々なフィリングを詰める。チーズは通常モッツァレッラチーズ、リコッタであるがパルメザンプロヴォローネ(または地域の代用チーズ)も使われる。通常はディップにマリナーラソースを添えて、またはニンニクパセリ入りのオリーブ・オイルをかけて供される。生地を折り畳み縁を閉じ、塩味をつけてオーブンで焼く。

カルツォーネはストロンボリと類似しているが、別の伝統を持つ料理である。これら主要な相違は材料であると、一般に誤解されている[要出典]。実際は材料はシェフの裁量である。ストロンボリのほとんどはロール状に巻かれるが、カルツォーネのように調理されるストロンボリもある。唯一の相違はカルツォーネがソースを別に添えて供されるが、ストロンボリは折り畳んだ生地の中にソース入りで供されることである[要出典]

コネチカット州ミドルタウンでは、スカッチャータ (scacciataがレストランのメニューにある。カルツォーネと似ているが、フィリングはブロッコリー、ホウレンソウ、ジャガイモ、タマネギで、ソーセージ入りの場合もある。スカッチャータはミドルタウン北部のシチリア移民の家庭で、かつては定番として調理されていた[要出典]

イギリスのカルツォーネ[編集]

スコットランドケバブ店で人気の料理となったカルツォーネの具は、ドネルケバブ、チキンティッカ、串焼きケバブ、または全部であり、香辛料の効いたタマネギ(通常パーパド付き)を添えて供される。客の目の前で小量のウイスキーをフランベして供することで知られている[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]