カルチュラル・フェミニズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カルチュラル・フェミニズム(英語:Cultural feminism)は、男性と女性のパーソナリティには根本的な差があり、その差は特別であり祝福すべきものであるという理論である[1]。社会であまり評価されていないとする女性らしさ、女性的な要素を再評価しようという考え方[2]

このフェミニズム理論は、男女の間には生物学的な差異があるという考えを支持する。たとえば、「女性は男性よりより親切で優しい」から、女性が世界を支配すれば戦争がなくなるだろう、とか、女性の方が子供の面倒を見るのに向いている、みたいな考え方をするわけである[3]。カルチュラル・フェミニズムは、女性の固有の特性、習慣、経験などを賛美することにより、異性間の関係や文化一般を改善することを目指している。そして、「女のやり方」の方がよい方法であるとか、現在論じられる文化は男性的すぎるので、女性の観点からバランスをとる必要があると信じていることが多い[要出典]

カルチュラル・フェミニズムは、差異派フェミニズムの一形態である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Kramarae, Cheris; Spender, Dale (2000). Routledge international encyclopedia of women: global women's issues and knowledge. New York: Routledge. pp. 746. ISBN :0415920906. 
  2. ^ Alcoff, Linda. "Cultural Feminism Versus Post-Structuralism: the Identity Crisis in Feminist Theory." Jstor. 1988. The University of Chicago Press. Oct.-Nov. 2006 [1]. 406
  3. ^ リサ・タトル 『フェミニズム事典』 渡辺和子訳、明石書店、1991年、79ページ。ISBN 978-4750303703。「また生物学的な性差を肯定し、性差に女性抑圧の原因を求めるのではなく、むしろ性差を美化し、不変のものであることを示す傾向がある。そして男性に比べて、女性は生まれつき暴力を好まず、協力的で世話好きだという考え方を受け入れやすい。」