カルコゲン化物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カルコゲン化物(カルコゲンかぶつ、: chalcogenide)、またはカルコゲニドは、カルコゲン元素とそれより電気陰性度の低い元素との化合物である。

光伝導性カルコゲン化物ガラス乾式撮影テレビに用いられる。

受光素子としてカルコゲン化物を用いる光学処理チップがシドニー大学によって開発され、これは光ファイバー網とコンピュータの間の接続を高速化できる可能性がある[1]

出典[編集]

  1. ^ * Chip may speed up internet 100 times Deborah Smith for Sydney Morning Herald July 10, 2008

関連項目[編集]

外部リンク[編集]