カリン (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリン
832 Karin
仮符号・別名 1916 AB
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
(カリン族)
発見
発見日 1916年9月20日
発見者 マックス・ヴォルフ
軌道要素と性質
元期:2008年11月30日 (JD 2,454,800.5)
軌道長半径 (a) 2.864 AU
近日点距離 (q) 2.639 AU
遠日点距離 (Q) 3.088 AU
離心率 (e) 0.078
公転周期 (P) 4.85 年
軌道傾斜角 (i) 1.01
近日点引数 (ω) 118.94 度
昇交点黄経 (Ω) 254.50 度
平均近点角 (M) 354.19 度
物理的性質
直径 19.2 km
自転周期 18.35 時間
スペクトル分類 S
絶対等級 (H) 11.18
アルベド(反射能) 0.160
色指数 (B-V) 0.830
色指数 (U-B) 0.390
■Project ■Template

カリン (832 Karin) は小惑星帯に位置する小惑星である。ハイデルベルクケーニッヒシュトゥール天文台でマックス・ヴォルフによって発見された。

スウェーデンヴァーサ朝の第4代国王であるエリク14世の王妃カリン・モンスドッテルにちなんで命名された。

直径約19kmのS型小惑星である[1]

カリンは、コロニス族のうち90個ほどの若い小惑星からなるカリン族というサブグループの中で最も大きい。これらは約580万年前に、より大きな小惑星の衝突が起こって生じたものだと考えられている[2]

カリン族は2002年に発見された。2003年にはすばるを用いてカリンの近赤外線観測が行われ、表面に宇宙風化の進んだ古い部分(S(IV)型小惑星のスペクトルを示す)と、宇宙風化していない新しい部分(L6普通コンドライトのスペクトルを示す)があることがわかった[3]。その他にも、いくつかのカリン族小惑星の光度曲線が観測されている[4][5]

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
スタテイラ (小惑星)
小惑星
カリン (小惑星)
次の小惑星:
モニカ (小惑星)