カリン・バルツァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
東ドイツの旗 東ドイツ
女子 陸上競技
オリンピック
1964 東京 80mハードル
1972 ミュンヘン 100mハードル

カリン・バルツァー (Karin Balzer、1938年6月5日- )は、旧東ドイツの陸上競技選手。1960年代を代表する女性ハードラーで、1964年東京オリンピック80mハードルの金メダリストである。

経歴[編集]

バルツァーは結婚する前はカリン・リヒェルトといい、若い頃から陸上競技のいろいろな種目に取り組んでいたが、80mハードルが自分にとって最も適性があると分かり、この種目に取り組んでいくこととなる。1960年には、ローマオリンピックの代表に選ばれるが、惜しくも決勝進出はならなかった。

翌年、元棒高跳選手のカール=ハインツ・バルツァーと結婚した彼女は、短期間ではあるが東ドイツから逃亡を企てた。しかし、数週間後には帰国した。その後彼女は、1962年のヨーロッパ選手権の80mハードルで優勝。1964年には五種競技で行われた80mハードルにおいて世界タイ記録をマークした。ただし、五種競技としての記録はさほどのものではなく、これ以後大きな大会では五種競技に出場していない。

同年の東京オリンピックでは、80mハードルの決勝では、ポーランドテレサ・チェプラ(Teresa Ciepły)、オーストラリアパム・キルボーン(Pam Kilborn)と同タイムの大接戦の末金メダルを獲得する。電気掲示では3位まで100分の2秒差に入る激戦であった。

1966年バルツァーはヨーロッパ選手権で2連覇を果たす。しかし、1968年メキシコオリンピックでは、優勝したオーストラリアのモーリン・ケアードから0秒3遅れの5位という結果に終わる。

1969年からは80mハードルは100mハードルと距離を伸ばされたが、この年に13秒3の世界新記録を樹立。9月のヨーロッパ選手権の100mハードルでは優勝し、80mハードルの時代から3連覇を達成、さらに1971年のヨーロッパ選手権でも優勝し4連覇を達成した。

1972年のミュンヘンオリンピックに4大会連続となるオリンピック出場を果たす。オリンピックの直前に長男が事故に遭遇。昏睡状態に陥り、100mハードルの決勝の直前に息子はこの世を去ってしまう。このことを夫は彼女に知らせず、バルツァーは2大会ぶりとなるメダルである銅メダルを獲得した。

バルツァーの次男であるフォーク・バルツァーもまたハードル競技の選手であり、1998年のヨーロッパ選手権の110mハードルで2位となっている。

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1962 ヨーロッパ陸上選手権 ベオグラード(ユーゴスラビア) 80mハードル 2位 10秒6
1964 オリンピック 東京(日本) 80mハードル 1位 10秒5
1966 ヨーロッパ陸上選手権 ブダペスト(ハンガリー) 80mハードル 1位 10秒7
1967 ヨーロッパ室内陸上選手権 プラハ(チェコスロバキア) 50mハードル 1位 6秒9
1968 ヨーロッパ室内陸上選手権 マドリッド(スペイン) 50mハードル 1位 7秒08
1968 オリンピック]] メキシコシティ(メキシコ) 80mハードル 5位 10秒6
1969 ヨーロッパ室内陸上選手権 ベオグラード(ユーゴスラビア) 50mハードル 1位 7秒2
1969 ヨーロッパ陸上選手権 アテネ(ギリシャ) 100mハードル 1位 13秒29
1970 ヨーロッパ室内陸上選手権 ウィーン(オーストリア) 60mハードル 1位 8秒2
1971 ヨーロッパ室内陸上選手権 ソフィア(ブルガリア) 60mハードル 1位 8秒1
1971 ヨーロッパ陸上選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 100mハードル 1位 12秒94
1972 オリンピック ミュンヘン(西ドイツ) 80mハードル 3位 12秒90

関連項目[編集]