カリュドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カリュドン(ギリシア語:Καλυδών)は、アイトリア古代ギリシア都市で、エウエノス川(en:Evenus)の西岸に位置した。

ギリシア神話によると、この都市は、アイトーロスの息子で街の創設者カリュドンから名前をとった。この都市の近くには、斜面がカリュドーンの猪狩りの舞台となったジュゴス山がそびえていた。

この都市は、アルテミス・ラフリアアポロン・ラフリアに捧げられ、ラフリオンの名で知られたアエトリアの重要な聖所を蔵していた。

紀元前31年ローマ皇帝オクタウィアヌスは、この都市の全住民を新しい植民都市ニコポリス(en:Nicopolis)へ移住させた。ニコポリスは、その年にあったアクティウムの海戦の勝利を記念して後世に伝えるために創建されたものである。同時にローマ人は、金と象牙でできた礼拝用のアルテミスの像を含むカリュドンの美術品や宝物をパトラへ移した。

ストラボンは、その『地理書』で、彼の時代には荒れ果てた状態にあった、カリュドンの往時の美しさを解説している。「カリュドンとプレウロンは、今やまったく衰えているが、しかし過去においてこれら植民地は、ギリシアを飾るものであった。」

座標: 北緯38度22分41秒 東経21度31分58秒 / 北緯38.37806度 東経21.53278度 / 38.37806; 21.53278