カリモク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリモク家具株式会社
KARIMOKU FURNITURE INC.
種類 株式会社
略称 カリモク
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:470-2193
愛知県知多郡東浦町緒川字申新田40-3
設立 1947年昭和22年)2月
(刈谷木材工業株式会社)
業種 その他製品
事業内容 木製家具・インテリアの製造販売。
代表者 代表取締役社長 加藤英樹
資本金 4500万円
売上高 215億円(2011年度実績)
従業員数 890名
外部リンク http://www.karimoku.co.jp/
特記事項:創業は1940年(昭和15年)
テンプレートを表示

カリモク(Karimoku)は、主に家庭向けの家具の製造から卸まで手がける家具・インテリア企業であり、家具業界の最大手である。本社所在地は愛知県知多郡東浦町。資材会社・製造会社・販売会社の3部門11社からなるグループ企業制を採っている。カリモクとは「刈谷木材工業」の略称。年間売上高は、215億円(2011年度実績)。

概要[編集]

生体工学や最新の科学技術を導入し、使いやすさや素材、手作りにこだわった商品を手がけている。元々はアイシン精機河合楽器三洋電機などの下請で木製品を作っていた。現在の精緻な加工技術はこの頃に培われたものである。全国に14か所の「カリモク家具ショールーム」と、3か所のドマーニコレクション専門の「ドマーニショールーム」を展開し、4つのアウトレット店を有する。

漫画家窪之内英策はかつて同社で働いていた経験があり、『ツルモク独身寮』(小学館ビッグコミックスピリッツ1988年1991年連載)に登場する「ツルモク家具」は同社がモデル。

カリモク家具ショールームでは小売はしておらず、一般ユーザーはカリモク家具販売の紹介する小売店から購入するかたちをとっている。また、時折りショールームで開催されるカリモク販売会は、カリモク家具と取り引きのある家具店ハウスメーカーが主催するものである。

2010年4月1日、刈谷木材工業と、カリモク家具販売が合併し、カリモク家具株式会社となる。

主な商品[編集]

  • リビング
  • ソファー、テーブル、チェアー、テレビボードなど
  • ダイニングテーブル
  • 収納棚
  • 食器棚
  • 勉強机
  • ベッド

など

関連会社[編集]

資材会社[編集]

  • 知多カリモク株式会社
  • カリモク秋田株式会社
  • 大成産業株式会社
  • カリモク(マレイシア)株式会社

製造会社[編集]

  • カリモク家具株式会社
  • 東浦カリモク株式会社
  • 愛知カリモク株式会社
  • 岐阜キャビネット株式会社
  • 岐阜カリモク株式会社

ショールーム・営業所[編集]

外部リンク[編集]