カリフォルニアイモリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリフォルニアイモリ
カリフォルニアイモリ
カリフォルニアイモリ Taricha torosa
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 有尾目 Urodela
亜目 : イモリ上科 Salamandroidea
: イモリ科 Salamandridae
: カリフォルニアイモリ属 Taricha
: カリフォルニアイモリ T. torosa
学名
Taricha torosa (Rathke, 1833)
和名
カリフォルニアイモリ
英名
California newt

カリフォルニアイモリTaricha torosa)は、イモリ科カリフォルニアイモリ属に分類される有尾類

分布[編集]

  • T. t. torosa

アメリカ合衆国カリフォルニア州沿岸部)固有亜種

  • T. t. sierrae シェライモリ

アメリカ合衆国(カリフォルニア州シエラネバダ山脈固有亜種

形態[編集]

全長12-20cm。体色は背面は黒から淡褐色で、腹面は黄色やオレンジ色。眼は大型。

[編集]

体内にテトロドトキシンを持ち、腹部の色彩は警戒色になると考えられている。毒は卵や幼生も持つ。

分類[編集]

  • Taricha torosa torosa (Rathke, 1833) カリフォルニアイモリ Coastal range newt
  • Taricha torosa sierrae (Twitty, 1942) シェライモリ Sierra newt

生態[編集]

森林湿原などに生息する。陸棲。

食性は動物食で、昆虫節足動物甲殻類、陸棲の貝類、小型両生類やその卵などを食べる。

繁殖形態は卵生。12-翌5月に水中の水草や木の枝などに、1回に5-30個の卵塊を1-2回に分けて産む。卵は2-6週間で孵化する。生後5-8年で性成熟する。

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。生息地では保護されている。有毒種のためなるべく素手では持たないようにし、万が一素手で触ってしまった場合はすぐに手を洗うようにする。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 千石正一監修 長坂拓也編著『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、236頁。
  • 山崎利貞 『爬虫・両生類ビジュアルガイド イモリ・サンショウウオの仲間 有尾類・無足類』、誠文堂新光社2005年、92頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生・はちゅう類』、小学館2004年、25頁。

外部リンク[編集]