カリシウイルス科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリシウイルス科
Calicivirus.jpg
カリシウイルスの電子顕微鏡像
分類(ウイルス)
: 第4群(1本鎖RNA +鎖)
: カリシウイルス科
Caliciviridae

カリシウイルス科(Family Caliciviridae)とはウイルスの分類における一科。カリシウイルス科に属するウイルスは直径30~38nmの正二十面体構造のビリオンを形成し、プラス鎖の一本鎖RNAゲノムに持ち、2-3種類のORFが存在する。エンベロープを持たないためクロロホルムエーテルに対する耐性を持つ。酸(pH3-5)によって不活化される。ネガティブ染色による電子顕微鏡観察ではビリオンは「ダビデの星」と呼ばれる特徴的な形態を示す。

感染性胃腸炎の原因となるノロウイルスを含む。

分類[編集]

  • Genus Vesivirus
  • Genus Lagovirus
    • 兎出血病ウイルス(rabbit hemorrhagic disease virus)
    • ヨーロッパ褐色野兎症候群ウイルス(European brown hare syndrome virus)
  • ノロウイルス属 Norovirus

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 鹿江雅光、新城敏晴、高橋英司、田淵清、原澤亮編 『最新家畜微生物学』 朝倉書店 1998年 ISBN 4254460198
  • 原澤亮 「動物ウイルスの新しい分類(2005)」 『獣医畜産新報』 58号 921-931頁 2005年