カランタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Carentan
Blason ville fr Carentan (Manche).svg
Carentan Eglise.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) バス=ノルマンディー地域圏
(département) マンシュ県
(arrondissement) サン=ロー郡
小郡 (canton) カランタン小郡
INSEEコード 50099
郵便番号 50500
市長任期 ジャン=ピエール・ロヌール
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de Communes de Carentan-en-Cotentin
人口動態
人口 6 056[1]
2009年
人口密度 人/km²
住民の呼称 Carentanais
地理
座標 北緯49度18分15秒 西経1度14分49秒 / 北緯49.3041666667度 西経1.24694444444度 / 49.3041666667; -1.24694444444座標: 北緯49度18分15秒 西経1度14分49秒 / 北緯49.3041666667度 西経1.24694444444度 / 49.3041666667; -1.24694444444
標高 平均:? m
最低:0 m
最高:30 m
面積 15.66km² (1 566ha)
Carentanの位置(フランス内)
Carentan
Carentan
公式サイト www.ville-carentan.fr
テンプレートを表示

カランタンCarentan)は、フランスバス=ノルマンディー地域圏マンシュ県コミューン

地理[編集]

カランタンは広大な湿地帯の中心に位置し、トート川とドゥーヴ川の合流地点は豊かな牧草地に変えられている。『湿地の中心』(Capitale des Marais)であるカランタンは『コタンタンの門』(aux portes de la péninsule du Cotentin)であり、そしてヴェイ湾(fr)はマレ・デュ・コタンタン・エ・デュ・ベッサン地域圏自然公園の中心である。

歴史[編集]

川港
レピュブリック広場のアーケード
1944年、カランタンに入ったアメリカ陸軍

カランタンの非常に近い場所で過去に起きた戦闘から、この位置が勝敗のカギとなる場所であったことが示される。ガロ=ローマ時代にはカレントマグス(Carentomagus)の名で呼ばれ、ヴァイキング襲来や仏英戦争においてしばしばまちは略奪にあい破壊されてきた。ブランシュ・ド・カスティーユの摂政時代にまちは城壁で囲まれていたが、1853年に取り壊されている。1790年から1795年まで、カランタン郡の郡庁所在地であった。

第二次世界大戦中の1944年6月12日、カランタンはアメリカ陸軍第101空挺師団とナチス・ドイツの降下猟兵師団の激しい戦闘の舞台となった。この戦いでアメリカ軍がカランタンを奪還した。まちの中に数箇所ある古い建物には、今もこの時の戦闘で生じた損傷が残っている。第101空挺師団の指揮官であったマクスウェル・D・テイラーは、1944年6月20日にカランタンで行われた式典の最中の爆撃で危うく命を落とすところだった。しかし、彼に花束を渡すために壇上にいた8歳の少女は、爆撃で受けた傷のために死亡している。

史跡[編集]

  • ノートルダム教会 - 11世紀に建てられたロマネスク様式の建物は1443年に壊され、現在の建物は15世紀の代官がゴシック様式で再建したものである
  • オテル・ド・ヴィル - コミューン庁舎。17世紀から18世紀。かつては大修道院のものであったが、その後学校や兵舎として使われていた。
  • 中世のアーケード - レピュブリック広場のアーケードはノルマンディーでも珍しいものである。かつて四方をアーケードに囲まれた場所で市場が開かれていた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2008年
5 256 5 563 6 187 6 589 6 300 6 340 6 058

参照元=EHESS[2]INSEE[3]

交通[編集]

姉妹都市[編集]

出身者[編集]

  • ジャン・ロレ(fr) - 17世紀の詩人
  • フィリップ・ゴスラン(fr) - マンシュ県選出国会議員

脚注[編集]