カラフトアオアシシギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カラフトアオアシシギ Tringa guttifer
カラフトアオアシシギ
スケッチ画
保全状況評価
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: シギ科 Scolopacidae
: クサシギ属 Tringa
: カラフトアオアシシギ
T. guttifer
学名
Tringa guttifer
(Nordmann, 1835)
和名
カラフトアオアシシギ
英名
Nordmann's greenshank
Spotted greenshank

カラフトアオアシシギ(樺太青脚鷸、Tringa guttifer)は、チドリ目シギ科クサシギ属に分類される鳥類

分布[編集]

インド北東部、タイ南部、バングラデシュマレーシアマレー半島)、ロシア東部

夏季にサハリン(樺太)で繁殖し、和名の由来になっている。冬季になるとインドやバングラデシュ、マレー半島へ南下し越冬する。日本では主に秋季に渡りの途中でまれに旅鳥として飛来する。

形態[編集]

全長29-32cm。腹部や腰、尾羽は白い羽毛で覆われ、尾羽には黒い横縞が入る。

頭部は大型で、相対的に眼は小型。嘴は太く、やや上方へ反り上がる。嘴の色彩は黒く、基部は黄緑がかる。後肢はやや短い。後肢の色彩は黄緑色で、和名のアオアシ(緑も含めた古い意味での青)や英名(greenshank=緑の脛)の由来になっている。

幼鳥は上面が灰褐色の羽毛で覆われ、羽縁が白い。夏羽は上面が黒褐色の羽毛で覆われ、羽縁が白い。喉から胸部にかけて黒褐色の斑紋が入り、英名spotted(斑紋のある)の由来になっている。冬羽は上面が灰色の羽毛で覆われ、淡褐色の縦縞が入る。

写真

生態[編集]

塩性湿原干潟に生息する。

食性は動物食で、魚類甲殻類ゴカイなどを食べる。

繁殖形態は卵生。カラマツの樹上に草や木の枝を組み合わせた巣を作り、6-8月に2-4個(主に4個)の卵を産む。

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊などにより生息数は減少している。環境省による1997年における生息数は少なくとも1000羽以上と推定されている。

絶滅危惧IA類(CR)環境省レッドリスト

Status jenv CR.png

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版2000年、230頁。
  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社、2000年、97、195-196頁。
  • 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、255頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 鳥』、小学館2002年、57頁。
  • 高野伸二 『フィールドガイド 日本の野鳥 増補改訂版』、日本野鳥の会2007年、152-153頁。
  • 安部直哉 『山渓名前図鑑 野鳥の名前』、山と渓谷社2008年、7頁。

外部リンク[編集]


執筆の途中です この項目「カラフトアオアシシギ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類