カラカル (ルーマニア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カラカル
—  自治体  —

紋章
カラカルの位置(ルーマニア内)
カラカル
カラカル
位置図
座標: 北緯44度06分45秒 東経24度20分50秒 / 北緯44.11250度 東経24.34722度 / 44.11250; 24.34722
ルーマニアの旗 ルーマニア
オルト県
地位 自治体
行政
 - 市長 ゲオルゲ・アンゲル (社会民主党)
面積
 - 計 72km2 (27.8mi2)
人口 (2002年)
 - 計 34,607人
等時帯 東ヨーロッパ時間 (UTC+2)
 - 夏時間 東ヨーロッパ夏時間 (UTC+3)
ウェブサイト www.primariacaracal.ro/work/

カラカルルーマニア語: Caracal)は、ルーマニアオルテニア地方、オルト県にある都市。ジュー川とオルト川の下流部に位置し、一帯の肥よくな平原で生産される穀物などの交易で栄えた。人口はおよそ3万4000人で、この地域では二番目に大きい街である。

歴史[編集]

地名の由来には「黒い砦」という意味のクマン語(karaは「黒い」、kalは「砦」の意。後者はアラビア語ではqal'at、トルコ語ではkaleと呼ばれる)からという説、ヤマネコのカラカル(トルコ語で「黒い瞳」を意味するkarakulakが語源とされる)からという説、またこの地域に要塞を築いたとされるローマ帝国カラカラにちなむという説などがある。

19世紀終わりから20世紀前半にかけて急激な発展を経験し、国内随一の穀倉地帯となった。ロマナツィ県の県都も置かれたが、第二次世界大戦と戦後の共産党体制が変革をもたらした。共産党体制はロマナツィ県を廃止し、工業化計画を開始、カラカルは繊維産業により安定した経済発展を遂げた。しかし、1989年のルーマニア革命ニコラエ・チャウシェスク体制が崩壊すると、急速な市場経済化で多くの工場が閉鎖に追い込まれた。

出身有名人[編集]

  • ミハーイ・ヴァニャ
  • ゲオルゲ・アルジェシャヌ
  • マリウス・ブネスク
  • ヴィルジル・カリアノポル
  • ミトラケ・クリスティアン
  • ダン・ディアコネスク
  • アウレリアン・ティトゥ・ドゥミトレスク
  • ヤンク・ジャーヌ
  • ヨン・レマル
  • マリウス・トゥカ
  • ソリン・D・ポペスク

外部リンク[編集]