カラオーラの塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローマ橋から見たカラオーラの塔

カラオーラの塔西:Torre de la Calahorra)とは、スペインコルドバ県コルドバにあるイスラム時代に建造された、砦としての機能を持つ門である。

歴史[編集]

この塔は12世紀末、ムワッヒド朝によって、ローマ橋を守る為にグアダルキビール川の左岸に建てられた。この塔はかつて二つの塔とその間にかかるアーチ状の門を有した。

その後、1369年カスティーリャ王エンリケ2世によってキリスト教徒の手に戻った。三つ目の塔が現存する塔に加えられ、二つの円柱状の塔が両者を繋ぐように設置された。

1931年には国家の歴史的建造物に指定された。


座標: 北緯37度52分32秒 西経4度46分36秒 / 北緯37.87556度 西経4.77667度 / 37.87556; -4.77667