カモリスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カモリストとは、悪徳商法等で何度も騙された被害者の名簿を指す俗称。

概要[編集]

アポイントメント商法デート商法内職商法架空請求振り込め詐欺出会い系サイトワンクリック詐欺原野商法などで騙された人の名簿が悪質業者間で高額で取引されている。

カモリストに一旦掲載されると、悪質業者や振り込め詐欺団などによる二次勧誘のターゲットになり、職場や自宅に毎日勧誘電話を入れられたり、景品または商品が当選した旨のハガキが届いたりするようになる[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ 『毎日新聞』2004年5月27日 静岡地方版23面
  2. ^ 安愚楽の客に「債権買う」電話…振り込め詐欺か 読売新聞 2012年5月19日

関連項目[編集]