カムデン (高速戦闘支援艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Camden AOE-2
艦歴
発注 1963年4月25日
起工 1964年2月17日
進水 1965年5月29日
就役 1967年4月1日
退役 2005年10月14日
除籍
その後 2008年5月13日解体処分
母港 ワシントン州ブレマートン
性能諸元
排水量 満載排水量:54,000トン
全長 795 ft (242.3 m)
全幅 107 ft (32.6 m)
吃水 38 ft (11.6 m)
機関 蒸気タービン2基
2軸, 100,000 shp(75MW)
最大速度 25 ノット (46 km/h)
乗員 士官27名、兵員587名
兵装 20mmファランクスCIWS 2基
Mk.29シースパローIBPDMS8連装発射機 1基
艦載機 CH-46 2機
モットー Flexibility, Readiness, Endurance
愛称 The Proud Pachyderm of the Pacific

カムデン(USS Camden, AOE-2)は、アメリカ海軍の補給艦。サクラメント級高速戦闘支援艦の2番艦。艦名はニュージャージー州カムデンに因む。その名を持つ艦としては2隻目である。

艦歴[編集]

カムデンは1967年4月1日に就役した。9月に太平洋艦隊配属となり、最初の母港はカリフォルニア州ロングビーチとなった。

1968年から1969年の WestPac では、部隊栄誉賞を受賞している。1974年2月7日にワシントン州ブレマートンに母港を変更し、アメリカ西海岸から第7艦隊支援のため太平洋インド洋西部に頻繁に展開した。1996年3月にカムデンはその功績から3度目の Battle E を受章している。

2005年1月に最後の任務として、原子力空母カール・ヴィンソン(USS Carl Vinson, CVN-70)が新しい母港バージニア州ノーフォークへ八ヶ月の航海を行うのに随伴した。その後ワシントン州ブレマートンキトサップ海軍基地で2005年10月14日に退役し、2008年5月13日テキサス州ブラウンズビルで解体処分とされた。

主機にはアイオワ級戦艦6番艦ケンタッキー(USS Kentucky, BB-66)の主機2機の内1機が転用された。ちなみにもう1機はサクラメントに使用された。

カムデンはニューヨーク造船所で建造された最後の艦艇である。同造船所は68年の歴史で542隻の艦艇を建造した。

外部リンク[編集]