カムチャッカオオヒグマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カムチャッカオオヒグマ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
亜目 : イヌ亜目 Caniformia
下目 : クマ下目 Arctoidea
小目 : クマ小目 Ursida
上科 : クマ上科 Ursoide
: クマ科 Ursidae
亜科 : クマ亜科 Ursinae
: クマ属 Ursus
: ヒグマ U. arctos
亜種 : カムチャツカオオヒグマ
U. a. piscator
学名
Ursus arctos piscator
Bergman, 1920
和名
カムチャツカオオヒグマ
英名
Bergman's Bear

カムチャツカオオヒグマ Ursus arctos piscator食肉目クマ科に属するヒグマ亜種の1つで、ロシアカムチャツカ半島に生息していたが、すでに絶滅した。体重は最大で655.2kgのものもいたとされ、ヒグマの中でも最大級の亜種であった。雑食性。を追っているうちに河口漁網にかかったり、そうかと思うと網の中から魚を失敬したりするお茶目な一面もあったという。

先住民コリャーク人は食用、薬用(心臓の材料としていた)、そして毛皮をとるためにクマ狩りをしており、アイヌ人イヨマンテに相当する熊祭りの風習があった。しかし、人間の狩りがカムチャツカオオヒグマの絶滅につながったのは17世紀半ばにロシア人が東進してきてからの毛皮目当ての乱獲が大きな要因である。冬眠中でもお構いなしに狩りは行われたので、クマの数はみるみる減少していった。1920年に狩られた一頭を最後として、カムチャツカオオヒグマは絶滅したとされる。