カミール・シャムーン・スポーツ・シティ・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カミール・シャムーン・スポーツ・シティ・スタジアム
"Al Madina"
施設情報
所在地 レバノンの旗 ベイルート
位置 北緯33度52分1.55秒 東経35度29分46.09秒 / 北緯33.8670972度 東経35.4961361度 / 33.8670972; 35.4961361座標: 北緯33度52分1.55秒 東経35度29分46.09秒 / 北緯33.8670972度 東経35.4961361度 / 33.8670972; 35.4961361
起工 1955年
開場 1957年
修繕 1982年
拡張 1997年
所有者 レバノン政府
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 102 × 70 m
建設費 1億ドル
建設者 British Trafalgar House Engineering Group
Kvarner outfit
使用チーム、大会
ネジマSC(レバノン・プレミアリーグ)
サッカーレバノン代表
AFCアジアカップ2000
収容能力
57,600

カミール・シャムーン・スポーツ・シティ・スタジアムアラビア語: ملعب مدينة كميل شمعون الرياضية‎、: Camille Chamoun Sports City Stadium)は、レバノンの首都ベイルートにある国内最大の多目的スタジアムであり、レバノンの国立競技場である。

概要[編集]

レバノン独立及び発展に多大な功績を残したカミール・シャムーンに因んで名付けられた。1982年のイスラエル軍によるレバノン侵攻により建物の一部が破壊されたものの、後にレバノン首相となる実業家ラフィーク・ハリーリーAFCアジアカップ2000に向けた修繕、拡張事業を受け持つ。その後も改修工事を行い現在に至る。現在の収容人数は57,600人[1]

主にサッカーの試合に用いられる。レバノン・プレミアリーグに所属するネジマSCがホームスタジアムとして使用する他、サッカーレバノン代表のホームスタジアムとして利用される。また、AFCアジアカップ2000決勝戦の会場としても使用され、この地でサッカー日本代表が二度目のアジアカップ優勝を果たしている。

スタジアムには屋内競技用の施設が併設されており、バスケットボール、バレーボール、体操競技などの国際大会を開催することも可能である。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
シェイク・ザイード・スタジアム
アブダビ
AFCアジアカップ
決勝戦会場

2000
次代:
北京工人体育場
北京