カミーユ・ジョルダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Camille Jordan
人物情報
生誕 1838年1月5日
リヨン
死没 1922年1月22日(満84歳没)
国籍 フランスの旗 フランス
出身校 エコール・ポリテクニーク
学問
研究分野 群論数学
主な業績 ジョルダン標準形
ジョルダン曲線定理
テンプレートを表示

カミーユ・ジョルダン(Marie Ennemond Camille Jordan、1838年1月5日 - 1922年1月22日)はフランスの数学者。群論に関する基礎的研究と、影響力のある著書"Cours d'analyse"の二つによって有名である。

彼はリヨンで生まれ、エコール・ポリテクニークで教育を受けた(1855年入学)。彼はその後、職業的な技術者になり、エコール・ポリテクニークで教鞭をとった。そしてコレージュ・ド・フランスリウヴィルの跡を継ぎ、そこで彼は奇抜な成績評価法によって好評を博した。

今日、彼の名は以下に挙げる基礎的研究の成果よって記憶されている。

実際に、ジョルダンによる業績はガロア理論に大きな影響を与えた。彼はまたマチュー群 (fr:Groupe de Mathieu/en:Mathieu group) や、有限単純群の分類 (fr:Groupe sporadique/en:Classification of finite simple groups) の最初の例についても研究した。

群の順列に関する著書"Traité de substitutions"は、1870年に刊行された。1919年には、ロンドン王立協会の外国人会員になった[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Jordan; Marie Ennemond Camille (1838 - 1922)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。