カミーユ・クローデル (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カミーユ・クローデル
Camille Claudel
監督 ブリュノ・ニュイッテン
脚本 ブリュノ・ニュイッテン
マリリン・ゴールディン
ミサ・テラミ(協力)
原作 レーヌ・マリー・パリス
製作 ベルナール・アルティーグ
製作総指揮 クリスティアン・フェシュネール
イザベル・アジャーニ
出演者 イザベル・アジャーニ
ジェラール・ドパルデュー
音楽 ガブリエル・ヤレド
撮影 ピエール・ロム
編集 ジョエル・アッシュ
ジャンヌ・ケフ
製作会社 Films Christian Fechner
Lilith Films I.A.
ゴーモン
アンテンヌ2(フランス)
Films A2
D.D. Productions
Ministère de la Culture et de la Communication
Centre National de la Cinématographie (CNC)
Sofica Créations
Sofimage
Soficas Investimage
Images Investissements
Soffia
配給 フランスの旗 ゴーモン/Les Films Christian Fechner
日本の旗 ヘラルド・エース/日本ヘラルド映画
公開 フランスの旗 1988年12月7日
日本の旗 1989年10月7日
上映時間 175分
158分(短縮版)
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

カミーユ・クローデル』(Camille Claudel)は、1988年フランスの映画。フランスの女性彫刻家カミーユ・クローデルの生涯を描いた伝記映画である。カミーユの弟ポール・クローデルの孫レーヌ=マリー・パリス[1]の書籍[2]を原作としている。監督はブリュノ・ニュイッテン。主演のイザベル・アジャーニは共同製作者も務めている。

ストーリー[編集]

女性彫刻家カミーユ・クローデルは著名な彫刻家オーギュスト・ロダンの弟子となる。ロダンは若く美しいカミーユと、芸術家として尊敬しあい、愛しあうようになるが、内縁の妻ローズと別れることができない。カミーユはロダンの子を妊娠するが中絶、ロダンと別れて創作に没頭するが、徐々に精神を病んで行く。ロダンへの憎しみから妄想を抱くようになると遂には発狂し、精神病院に入れられる。その後、死ぬまでの30年もの間、彼女が病院を出ることはなかった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

史実との違い[編集]

受賞・ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
第62回アカデミー賞 主演女優賞 イザベル・アジャーニ ノミネート
外国語映画賞
第14回セザール賞フランス語版 作品賞 受賞
主演男優賞 ジェラール・ドパルデュー ノミネート
主演女優賞 イザベル・アジャーニ 受賞
助演男優賞 アラン・キュニー ノミネート
有望若手男優賞 ロラン・グレヴィル
新人監督作品賞
音楽賞 ガブリエル・ヤレド
撮影賞 ピエール・ロム 受賞
衣裳デザイン賞 ドミニク・ボルグ
美術賞 ベルナール・ヴェザ
音響賞 ギョーム・シアマ
ドミニク・エヌカン
フランソワ・グルート
ノミネート
編集賞 ジョエル・アッシュ
ジャンヌ・ケフ
第39回ベルリン国際映画祭 銀熊賞 (女優賞) イザベル・アジャーニ 受賞

参考文献[編集]

  1. ^ カミーユ・クローデル”. Webcat Plus. 2012年6月9日閲覧。
  2. ^ ISBN 4622015293NDL-OPAC - 書誌ID 000002071145”. 国立国会図書館. 2012年6月9日閲覧。

外部リンク[編集]