カマイルカ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カマイルカ属
カマイルカ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : ハクジラ亜目 Odontoceti
: マイルカ科 Delphinidae
: カマイルカ属 Lagenorhynchus
学名
Lagenorhynchus
Gray1846

カマイルカ属(鎌海豚属)は、クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科に属するの一つ。カマイルカ属は 6 種で構成される。カマイルカ属の中ではハナジロカマイルカが最も大きな種類であり、成体の体長は約 3 mに達する。逆に最も小さいのはダンダラカマイルカの 1.8 mである。ハナジロカマイルカは北極圏に近い北の寒い海域に生息し、ダンダラカマイルカは南極の氷床に近い南の寒い海域に生息する。カマイルカは日本近海の温暖な海域に生息し、日本人にとって最も馴染み深いイルカの一つである。

分類[編集]

遺伝子解析の結果によれば、カマイルカ属はイロワケイルカ属を内包するため側系統であるとされる[1]

カマイルカ属 Lagenorhynchus

脚注[編集]

[ヘルプ]