カベール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カベール
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケード
Amiga
Amstrad CPC
コモドール64
ZX Spectrum
MS-DOS
NES
開発元 TADコーポレーション
発売元 タイトー
人数 1プレイ/2人協力プレイ
発売日 1988年
テンプレートを表示

カベール』(Cabal)とは1988年にTADコーポレーションがアーケードでリリースしたガンアクションシューティングゲーム。販売はタイトー

概要[編集]

プレイヤーは「フレディー」と「ケニー」となって、傭兵部隊の秘密結社「ラバック」から難攻不落のアリクソン要塞を壊滅させる特命を受け、敵国に潜入する。

データイースト社からスピンアウトしたTADコーポレーションの処女作である。当時の主流だった『戦場の狼』(カプコン)タイプの見下ろし型アクションシューティングではなく、視点を地面と並行にしたフロントビューの3Dガンシューティングであることと、敵だけでなく建物や地形などあらゆる物を破壊できるのが特徴で、FPS登場以前の3Dアクションシューティングゲームとして『NAM-1975』(SNK) 『ワイルドガンズ』 (ナツメ)『銃武者羅』(ミッチェル)など多くのフォロワーを生んだこのタイプのゲームの嚆矢である。

日本でのリリースはアーケードのみだが、海外では『JuJu伝説』と並んで多くのコンシューマー機に移植された。アーケード筐体は初期に生産されたトラックボールタイプと、後期に生産されたジョイスティックタイプがある。

販売元はタイトーであるが、トラックボールに使用されているフォトセンサーはタイトー製ではなく「テーカンワールドカップ」等に使用されているテーカン製である為、過去のテーカン作品のトラックボール使用タイトルや、コナミの「コンバットスクール」と互換性がある。

関連項目[編集]