カプコン クラシックス コレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カプコン クラシックス コレクション』は、カプコンより発売された初期のアーケードゲーム[1]を収録したソフトである。本項目ではその前身となった『カプコンジェネレーション』や同類のソフトである『カプコンアーケード』についても記述する。

カプコンジェネレーション[編集]

1998年PlayStationおよびセガサターン向けに発売された。各6,090円(税込)。PlayStation版のみ、攻略本とセットの廉価版が『カプコン レトロゲーム コレクション』として2005年に再発売された。オリジナルが縦画面仕様の作品は画面を90°回転させた画面モードでプレイできるが、その際には縦置可能モニターが必要になる。

各作品の移植以外には、ゲームのBGMをアレンジされたものに変更したり、各作品のゲームやキャラクター紹介、ポスターや資料などの画像、攻略ヒントやアレンジされたBGMの鑑賞ができるコレクションモードがある。コレクションモードの中には、ゲーム内で条件を満たさないと鑑賞できないものもある。

☆印は当時家庭用初移植のタイトル。

第1集 撃墜王の時代
1998年8月27日発売(レトロゲーム コレクションVol.1は2005年3月30日発売 ISBN 4-906582-55-9
第2集 魔界と騎士
1998年9月23日発売(レトロゲーム コレクションVol.2は2005年3月30日発売 ISBN 4-906582-56-7
第3集 ここに歴史はじまる
1998年10月15日発売(レトロゲーム コレクションVol.3は2005年5月25日発売 ISBN 4-906582-67-2
第4集 孤高の英雄
1998年11月12日発売(レトロゲーム コレクションVol.4は2005年6月25日発売 ISBN 4-906582-69-9
第5集 格闘家たち
1998年12月3日発売(レトロゲーム コレクションVol.5は2005年7月28日発売 ISBN 4-906582-78-8

カプコン クラシックス コレクション[編集]

PlayStation 2版[編集]

Vol.1
日本版は2006年3月2日に5,040円(税込)で発売。2007年10月11日廉価版が2,090円(税込)で発売。
カプコンジェネレーションに収録の全ソフトに以下の6タイトルが追加されている。
各作品の移植以外には、カプコンジェネレーションと同様なボーナス要素があるが、アレンジBGMはカプコンジェネレーション収録のソフトのみ収録されている。
なお、日本国外ではXbox版も発売されており、リージョンコードの制限がされていないので日本のXboxでも動作する。
Vol.2
日本国外でのみ発売。()内は日本でのタイトル。
こちらも北米ではXbox版が発売されており、また日本のXboxでも動作する。

PS2版の不具合[編集]

PlayStation 2版カプコン クラシックス コレクションには大魔界村の画面が暗い、フォゴットンワールドの7面のBGMがアーケード版と違う、ファイナルファイトでノイズが鳴るといったバグがある。カプコンは修正版との交換に応じている[2]

PlayStation Portable版[編集]

Reloaded
日本版は『カプコン クラシックス コレクション』のタイトルで2006年9月7日に5,040円(税込)で発売。2007年9月13日廉価版が2,090円(税込)で発売。
カプコンジェネレーションに収録の全ソフトに以下の3タイトル追加。
各作品の移植以外に、ゲームをプレイしてコインを獲得し、そのコインでスロットに挑戦し、ポスターや資料などの画像やサウンドテストに加え、PSP版のみの要素として攻撃力の増加や武器の任意変更などのチートが獲得できる。PS2版と違い、新たに収録されたタイトルにもアレンジBGMが収録され、変更が可能である。
一部のタイトルはゲームシェアリングに対応し、1枚のディスクで他の本体にゲームを転送でき、協力プレイも可能。
Remixed
日本国外でのみ発売だが、日本のPSP本体でも動作する。()内は日本でのタイトル。
PSP版(日本、海外版共に)もオリジナルが縦画面仕様の作品は本体を90°回転させてのプレイが可能。但し、操作感覚が通常と異なる。

ゲームボーイアドバンス版[編集]

日本国外でのみ発売。NES(日本国外版ファミコン)の作品を収録。名称は "Capcom Classics Mini Mix" 。()内は日本でのタイトル。

カプコンアーケード[編集]

2010年11月4日配信のiOS用ソフト。仮想バッドによる操作。ソフト自体は無料だが1日3回までの制限がある。プレイ回数を増やすコインの購入や回数制限が無くなる「ゲーム台購入」は有料での販売となる。難易度調整の他、プレイを楽にする優良販売の「お助けアイテム」や稼働当時の販促用グッズのコレクションなどの要素がある。

2011年7月28日の更新でお助けアイテムは全ゲームて無料で解放された。また全タイトルを1200円で一括購入も可能となった。

2011年09月14日の更新でフリーチケットの毎日3枚の無料配布が廃止になり、最初に配布の10枚のみの使い切りになった。それ以降のプレイはゲーム台を購入するか、10枚セットのプレイ用のコイン(85円)を購入する必要がある。

  • ストリートファイターII
  • 大魔界村
  • 1942
  • 戦場の狼
  • ストリートファイターII' - 2010年12月16日追加
  • 魔界村 - 2011年1月6日追加
  • 1943 - 2011年4月1日追加
  • ファイナルファイト - 2011年4月1日追加
  • スーパーパズルファイターIIX - 2011年5月12日追加
  • 超魔界村 - 2011年5月12日追加
  • マジックソード - 2011年7月28日追加
  • ストリートファイターII' TURBO - 2011年7月28日追加

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アーケード版のない超魔界村のみスーパーファミコン版の移植である。
  2. ^ カプコン - プレイステーション2用ソフト「カプコン クラシックス コレクション」に関して。

外部リンク[編集]