カブトウオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カブトウオ
Poromitra capito.jpg
カブトウオの一種P.capito
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: クジラウオ目 Stephanoberyciformes
: カブトウオ科 Melamphaidae
: カブトウオ属 Poromitra
: カブトウオ P. crassiceps
学名
Poromitra crassiceps
(Günther, 1878)
和名
カブトウオ
英名
Crested bigscale

カブトウオ学名Poromitra crassicepsシノニムP. cristiceps)は、クジラウオ目カブトウオ科に属する魚類の一種である。

分布[編集]

太平洋などの深度200~2000m付近の深海に生息するとされ、寒海水域では、比較的浅い場所にも進出することもある。

特徴[編集]

名前の由来は体長の1/3ほどもある厳つい頭部にあり、近縁のキンメダイ科オニキンメにも似た黒い体色だが、体長は小さく、最大でも14cmほどで、捕獲される時も10cm以下の種類が殆どである。

カブトウオ科には5属36種が含まれる。種類の多さから、大型の深海生物の重要な餌の地位にあると思われる。餌は主にプランクトンや小魚、皆脚類などの浮遊性甲殻類など。