カフ計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1984年のA-4K、コクピット後方にコブ状の構造物が見える

カフ計画(Project Kahu)は、ニュージーランド空軍A-4K近代化計画である。カフ(Kahu)とは、マオリ語ミナミチュウヒを指す。

概要[編集]

1986年より開始されたA-4Kの近代化計画は、

からなっていた。 機材の小型化が進んだことで、機体内部に機器を搭載できるようになったことにより、コクピット後方のアビオニクスパックは排除された。この変更に伴い、翼・機体構造の一部は再設計され、配線は交換された。 構造物上に位置していたブレード状の計器着陸装置(ILS)のアンテナは、コクピット後方の機体上面に取り付けられている。

1億4千万ニュージーランド・ドルを投じたこの計画により、A-4KはF-16F/A-18と同等の電子機器を搭載し、AIM-9LAGM-65GBU-16レーザー誘導爆弾などの運用能力を獲得した。

A-4KとTA-4Kは、オーストラリア海軍機であった10機を含めた20機が改修された。1999年にはF-16への更新が計られたが、この更新計画は実現しないまま、2001年12月13日に飛行隊が解散、2004年までに全機退役した。

外部リンク[編集]