カフルイ空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カフルイ空港
Kahului Airport
Kahului Airport Panorama.jpg
カーゴエプロンターミナル
IATA: OGGICAO: PHOG
概要
空港種別 公共
運営者 ハワイ州交通局
所在地 ハワイ州カフルイ
標高 54 ft / 17 m
座標 北緯20度53分55秒 西経156度25分50秒 / 北緯20.89861度 西経156.43056度 / 20.89861; -156.43056 (Kahului Airport)座標: 北緯20度53分55秒 西経156度25分50秒 / 北緯20.89861度 西経156.43056度 / 20.89861; -156.43056 (Kahului Airport)
ウェブサイト 公式ウェブサイト
滑走路
方向 全長 表面
ft m
02/20 6,995 2,132×46 舗装
05/23 4,990 1,521×46 舗装
ヘリパッド
番号 全長 表面
ft m
H1 125 38 舗装
統計 (2007年)
発着数 164,914
Based aircraft 56
出典:連邦航空局[1]より

カフルイ空港(カフルイくうこう、: Kahului Airport)はマウイ島のカフルイ(Kahului)の東4kmに位置するアメリカ合衆国ハワイ州の地方空港である。 カフルイ空港はIATA空港コード OGG およびICAO空港コード PHOG と指定されている。これらの空港コードは、1960年代後半に今のハワイアン航空が運航していた航空機を8席のS-38水陸両用機からDC-3やDC-9へ変更する仕事をしたBertram J. Hoggに敬意を表して付けられている。この空港への最も多くのフライトはホノルル国際空港から運航されている。

カフルイ空港はハワイ州議会から認可されたいくつかの拡張計画が進行中である。将来はカナダ日本からの定期便が就航する恒久的な国際空港へ昇格するための準備を行っている。

公団[編集]

カフルイ空港はハワイにおけるすべての空港及び海港を管理する中央公団の一部である。 カフルイ空港は、正式にはハワイ州知事によって管理されている。州知事はハワイ空港監督官に対する法的権限を持つハワイ州交通局長官を任命する。

ハワイ空港監督官は、空港業務室、空港企画室、技術部、情報技術室、総務室、利用者案内企画室の6部門を監理している。これらの6部門でハワイ州における4地区(ハワイ地区カウアイ地区マウイ地区、そして主要地域であるオアフ地区)の空港を管理している。 カフルイ空港はマウイ地区係員の管轄となる。

施設[編集]

カフルイ空港は滑走路 02/20方向 及び滑走路 05/23方向の2つの主要な滑走路で構成されている。ここには舗装されたヘリポートも設置されている。

就航会社[編集]

事故[編集]

1988年4月28日ヒロ国際空港からホノルル国際空港へ向かっていたアロハ航空243便(機体番号N73711)が飛行中、前方1/3の屋根が吹き飛び、客室乗務員1人が機外に吸い出されたが、カフルイ空港に緊急着陸した(青天井事件)。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]