カピラ城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カピラ城(かぴらじょう)とは、紀元前4-6世紀ごろに存在した小国、あるいはその首都)。釈迦の出身地として著名である。カピラヴァストゥカピラワットゥとも(後述)。

位置については、長らく忘れ去られ、20世紀になってから政治がらみの論争が起きており、学術的に最終的な結論が出ているわけではないが、いずれにせよ現在のインドネパール国境付近に位置する。

名称[編集]

  • サンスクリット語:Kapila-vastu カピラヴァストゥ
  • パーリ語:Kapilavatthu カピラワットゥ
  • 漢訳音写:迦卑羅婆率、迦毘羅婆蘇都、迦毘羅衛など多数
  • 訳:蒼城、蒼住城、黄赤城、黄頭居処、黄髪仙人住所、赤澤国、妙徳城など

なお、カピラはある仙人(リシ)の名で、「ヴァストゥ」「ワットゥ」とは城のことである。

由来・縁起[編集]

釈迦族の住所であり、釈迦(ガウタマ・シッダールタ)はここで育った。

地名の由来については、一説には、釈迦以前にこの地にカピラ (Kapila) という黄色い髪の毛をしたリシ(仙人)が住んでいたことからそう名づけられたという。また一説には、カピラを祀っていたことに由来する、とも。

南伝仏典によると、釈迦族の祖先である甘庶王(かんしょおう、Okkāka、オッカーカ)はサーケタという地で王国を築いていた。しかし、その四男五女が王に追放されてヒマラヤの山側に至り、カピラ仙がいるこの土地に落ち着き、ここで1つの王国を築いたという。その初代の王名はオッカーカ・ムカ (Okkāka mukha) という。北伝仏典では4王子とする。

カピラ城からヴァイシャリー(毘舎離)までは51由旬、またアノマー河(Anomā)[1]まで30由旬、王舎城からは60由旬あったという[要出典]

釈迦晩年に、毘瑠璃王により殲滅された。西暦5世紀の初頭、法顕がこの地を訪れた際、城址はすでに荒地になっていて、わずかに民家が数10戸があったのみと『法顕伝』に記されている。

位置についての諸説[編集]

カピラヴァストゥは、法顕が5世紀に、玄奘が7世紀に訪れてそれについて書いたように、ブッダ入滅後1000年ほどは仏教徒の巡礼の地であったという。だがその後、この地域で仏教は影響力を失い、ヒンドゥー教イスラム教がとってかわり、それらの宗教のもとにあったインドやネパールの国家ではブッダのことは語られなくなり、やがて14世紀ごろにはカピラヴァストゥの正確な場所が分からなくなった[2]

カピラヴァストゥは忘れ去られた。あくまで一部の専門家だけが興味を持っていたにすぎず、それが再び人々の大きな関心事となって浮上したのは20世紀も後半になってからのことだった。ネパール側とインド側で、愛国心などもからみ、位置を巡って異なった見解が唱えられるようになったのである。

一説では、現在の場所でいえば、ネパールタライ地方とされる。

現在のティラウラコット (TilauraKot) だと見なそうとする動きがある。(ネパールからは)世界遺産の候補地として、ルンビニおよびティラウラコットがUNESCOに申請された。だがUNESCOは、ティラウラコットに関しては専門家らの見解を求めるべきだ、とした[3]。その結果、ブラッドフォード大学の考古学班が2001年に派遣されることになった。この調査で紀元前1000年~6世紀ごろの陶器類は見つかったものの現存する遺跡類はブッダよりも後の時代のものだとされた[4]

また別の説では[要出典]現在のピプラーワー (Piprahwa、ピプラフワとも) といわれる。ピプラーワーについては、1898年にイギリス駐在官W・C・ペッペが、この地から、「ガウタマ・シッダールタの遺骨及びその一族の遺骨」であると書かれた壺を発掘し、また近代に至って、「カピラヴァストゥ」という文字が刻まれた印章などが出土していることから、ほぼこの地ではないかと推察されている。だが、まだ断定はされていない。

ネパール側とインド側の見解の相違は解消されそうもない。ネパール側はピプラーワーはブッダが頻繁に訪れた王宮だと見なしているのに対して、インド側はピプラーワーこそがカピラヴァストゥだと見なしているのである。

日本では立正大学の研究員が1970年代にネパール当局との共同発表でティラウラコットをカピラヴァストゥと断定し、長澤和俊は一般人向けの多くの新書でこれが正解だとしているが、学界の通説ではない。

ギャラリー[編集]

北緯27度34分35秒 東経83度03分18秒 / 北緯27.576455度 東経83.054978度 / 27.576455; 83.054978座標: 北緯27度34分35秒 東経83度03分18秒 / 北緯27.576455度 東経83.054978度 / 27.576455; 83.054978 左記クリックで地図や航空写真などが閲覧可能。

ティラウラコットに存在する遺跡群(ただし、ブラッドフォード大の調査では釈迦より後の時代のものとされた)

出典 注[編集]

  1. ^ en:Anoma River
  2. ^ (注) ルンビニ地域への巡礼も15世紀ごろには途絶えた UNESCO「ルンビニの歴史」
  3. ^ 世界遺産「ルンビニの歴史」
  4. ^ Chris Hellier Competing Claims on Buddha's Hometown, Archeology Vol. 54 No 2, mars-avril 2001

関連項目[編集]