カニグー山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カニグー山
カニグー山
標高 2,784 m
所在地 フランス
位置 北緯42度31分8秒 東経2度27分24秒 / 北緯42.51889度 東経2.45667度 / 42.51889; 2.45667座標: 北緯42度31分8秒 東経2度27分24秒 / 北緯42.51889度 東経2.45667度 / 42.51889; 2.45667
山系 ピレネー山脈
初登頂 1285年、アラゴン王ペドロ3世
テンプレートを表示

カニグー山フランス語:Canigouカタルーニャ語:Canigóカニゴー)は、フランスピレネー山脈東部の山。切り立った斜面と、海岸近くに伸びる劇的な外観から、18世紀までカニグー山はピレネーで最も高い山と考えられてきた。

カタルーニャ・ナショナリストはカニグーを象徴的存在ととらえており、山の頂上にはカタルーニャ国旗で飾られた十字架がたてられている[1]。毎年、聖ヨハネの日の前日にあたる6月23日、山頂で松明をつける『カニグーの炎』(Flama del Canigó)という行事が行われる。人々は不寝番をして火をともし続ける。そしてトーチ・リレーで松明を点灯させ、別のかがり火に火をともすのである[2]

登山[編集]

冬場を除いて頻繁に登山が行なわれていて、普通は近くに有名なサン=マルタン・デュ・カニグー修道院がある麓のカステーユ(en:Casteil)または付近のヴェルネ=レ=バンから四輪駆動車でコルタレ山荘(Chalet des Cortalets、標高2175m)まで行き、そこから歩いて山頂に達する。 [3] [4]

脚注[編集]

  1. ^ Pyrénées Team - Croix du Canigou
  2. ^ Vermut a la rebuda de la Flama del Canigó
  3. ^ カニグー山への登山 (英語など)
  4. ^ カニグー山登頂