カナダ・ナショナル銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カナダ・ナショナル銀行のデータ
英名 National Bank of Canada
代表者氏名 ルイ・バショーン(CEO:)
店舗数 446[1]
従業員数 17,772 人[1]
設立日 1859年
所在地
H3B 4L2
600 rue de la Gauchetiere ouest
7th Floor
Montreal, QC
外部リンク www.bnc.ca
テンプレートを表示

カナダ・ナショナル銀行(英称:National Bank of Canada、仏称:Banque Nationale du CanadaTSXNA)は、カナダモントリオールに本社を置く銀行である。カナダ五大銀行に次ぐ6番目の規模をもち、支店数446のうち、その大部分がケベックオンタリオニューブランズウィック州内にある。ただしケベック州に比重が置かれている。国外の駐在員事務所または支店がハバナ香港ロンドンパリナッソーニューヨークにあり、フロリダにはネットバンクと名づけた子会社を開設している。一般には「ナショナル・バンク」と呼ばれるほか、「ナショナル・バンク・オブ・カナダ」の表記も見られる。なお、カナダの中央銀行であるバンク・オブ・カナダとは関係ない。

1959年にケベック・シティーで設立されたBanque Nationaleが、その基礎になっている。しかし1924年に不況に巻き込まれたため、モントリオールの銀行Banque d’Hochelagaと合併して「Banque Canadienne Nationale」に社名を変更した。そしてさらに、1974年にProvincial Bank of Canada(別のケベックに拠点を置く銀行)と合併してカナダ・ナショナル銀行が誕生した。

2001年にモントリオール銀行からケベックにある17支店を獲得した。

過去にはベイルート、メキシコシティー、ソウル、上海、台北にも事務所を開設したことがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b In Brief”. 公式サイト (2009年8月27日). 2009年10月23日閲覧。

外部リンク[編集]