カナダカモメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カナダカモメ
THGUc.jpg
カナダカモメ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: カモメ科 Laridae
: カモメ属 Larus
: カナダカモメ
L. thayeri
学名
Larus thayeri
WS Brooks, 1915
和名
カナダカモメ
英名
Thayer's Gull

カナダカモメ(カナダ鴎、学名:Larus thayeri)は、チドリ目カモメ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

カナダ北部、グリーンランド北西部で繁殖し、冬期はカナダからアメリカの太平洋側に渡り越冬する。

日本では迷鳥またはまれな冬鳥として、北海道茨城県神奈川県千葉県島根県で記録されている。千葉県銚子市では、毎年冬鳥として少数が渡来している。

形態[編集]

体長約58cm。翼開長約140cm。頭部は丸味がある。嘴は小さめで黄色。足は短く、ピンク色である。成鳥の背中や翼の上面は、淡い青灰色。成鳥夏羽は頭部から体の下面は白い。成鳥冬羽は頭部から胸にかけてぼんやりとした灰褐色の斑がある。雌雄同色である。

形態的にはアイスランドカモメに近く分布地も一部重なっているため、本種をアイスランドカモメの一亜種とする説もある。

生態[編集]

非繁殖期は、海岸や港湾に生息する。あまり外洋には出ない。

類似種と識別点[編集]

セグロカモメとよく似ているが、本種の方がやや体が小さく足が短い。また、翼の下面がほとんど白色で、上面の黒色部分も小さいことから区別できる。 ただし、野外での識別はなかなか困難である。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

参考文献[編集]

  • 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版、2000年
  • 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「カナダカモメ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類