カナダにおけるHIV/AIDS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2007年度のカナダの15歳-49歳におけるHIV感染率は0.4%である[1]
2007年9月にカナダカルガリー行われた第13回のAIDS Walk for Life に参加するFive Star Affairen:Five Star Affair

本稿では、カナダにおけるHIV/AIDSについて述べる。

概要[編集]

流行の状況[編集]

カナダ国内において、エイズ患者が初めて発見されたのは1982年のことである。それから2005年までの間に、およそ5万8000人がHIV/AIDSの患者となっているが[2]、このうちの1万5000人は自身の感染状況を把握していないと推測されている。なお、感染者の総数は年間2500人ペースで増加を続けているが、死亡率HAART療法などを含めた医療技術の発展により減少しつつある。

新規のHIV感染者が最も多いのはゲイ男性の社会コミュニティである。また、女性の感染者は全体の20%、新規感染者の27%を占める。一方、HIV感染率が最も急速に高まっている社会グループはカナダ先住民en:aboriginal Canadians)であり、2005年度の新規な患者のうち9%を占めている[3].

対策[編集]

カナダ政府は連邦政府主導のHIV/AIDSに対する取り組みとして、社会的弱者の擁護、研究、監視、国民意識、評価などを介してHIV/AIDSの予防と支援プログラムに資金供給を行っている。なお、この取り組みはカナダ保健省en:Health Canada)、カナダ保健研究機構en:Canadian Institutes of Health Research)、連邦矯正局en:Correctional Service Canada)の3部門による共同作業で進められている[4]

脚注[編集]

  1. ^ 2008 UNAIDS "Report on the global AIDS epidemic"
  2. ^ The State of the HIV/AIDS Pandemic”. Public Health Agency of Canada. 2010年2月10日閲覧。
  3. ^ CBC News In Depth - AIDS”. CBC.ca. 2010年2月10日閲覧。
  4. ^ HIV/AIDS - Infectious Diseases”. Public Health Agency of Canada. 2010年2月10日閲覧。