カドシャ・パール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、ヨーロッパ風にパール・カドシャと表記することもあります。

カドシャ・パールKadosa Pál, 1903年9月19日 オーストリア=ハンガリー帝国 レヴァ (現在のスロヴァキア レヴィス) - 1983年4月30日 ブダペスト)は、バルトーク後の世代のハンガリー作曲家ピアニスト、ピアノ教師。 初期の作品はハンガリー民謡の影響を受けており、後期はヒンデミットに近い表現主義的な作風となった。

略歴[編集]

レヴァに生れ、国立ハンガリー音楽院セーケイ・ゾルターンピアノを、コダーイ作曲を、ヴェイネル室内楽を学ぶ。長年フランツ・リスト音楽院のピアノ科主任を務め、教え子にはリゲティ・ジェルジュクルターグ・ジェルジシフ・アンドラーシュコチシュ・ゾルターンラーンキ・デジューセルヴァンスキー・ヴァレリアキシュ・ジュラカヴァイエ・ロナルドヤンドー・イェネケメネシュ・アンドラーシュらがいる。

主な作品に、2曲のヴァイオリン協奏曲(op.19とop.32)、4曲のピアノ協奏曲交響曲ディヴェルティメント、室内楽、カンタータ映画音楽、ラジオドラマ、オペラ『Das Abenteuer von Huszt』がある。歌曲ではハンガリー民謡からのリズムとメロディーの影響が見られる。

文献[編集]

  • Dalos Anna: Kadosa Pál. Budapest, 2003. Mágus K. ISBN 9639433152
  • Szabolcsi Bence, Tóth Aladár: Zenei lexikon 2. Zeneműkiadó, Budapest, 1965. 289–290. old.

外部リンク[編集]