カトリーヌ・ド・ブルボン (1440-1469)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナイメーヘンの聖ステフェン教会(Stevenskerk)にあるカトリーヌの墓石

カトリーヌ・ド・ブルボンCatherine de Bourbon, 1440年 リエージュ - 1469年5月21日 ナイメーヘン)は、フランス王家傍系のブルボン公爵家の公女で、ゲルデルン(ヘルレ)アドルフの妻。

ブルボン公シャルル1世とその妻でブルゴーニュジャン1世(無畏公)の娘であるアニェスの間の三女として生まれた[1]。1463年12月28日にブルッヘにおいて、ゲルデルン公爵家の当主アドルフと結婚した。この縁組は伯父のブルゴーニュフィリップ3世(善良公)がゲルデルン公領に対する影響力を強めるために、姪であり、また息子シャルル(突進公)の妻イザベルの妹にあたるカトリーヌをアドルフに嫁がせた政略結婚だった[2]。1469年に夫に先立って死去し、没地ナイメーヘンの聖ステフェン教会に葬られた。

子女[編集]

夫アドルフとの間に男女の双子をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ Miroslav Marek (2005年1月4日). “Catherine de Bourbon(Capet22-F9)”. genealogy.euweb.. 2012年10月6日閲覧。
  2. ^ 堀越孝一 『ブルゴーニュ家』 講談社現代新書、1996年、P247

参考文献[編集]

  • Wilhelm Karl Prinz von Isenburg,Frank Baron Freytag von Loringhoven: Europäische Stammtafeln. Stammtafeln zur Geschichte der europäischen Staaten, vol. 2, J. A. Stargard, Marburg, 1956, table 30.
  • P.H. Scheltema: De St.-Stevenskerk te Nijmegen, in: De Opmerker, vol. 30, issue 37, 14 September 1895, p. 291-292, page 291 and page 292