カトリーヌ・エスラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カトリーヌをモデルとして描いたピエール=オーギュスト・ルノワール最晩年の作品『Les baigneuses』(オルセー美術館収蔵)

カトリーヌ・エスランCatherine Hessling、出生名:Andrée Madeleine Heuschling、1900年6月22日 - 1979年9月28日)は、フランスマルヌ県出身の女優。 ただし、一般的な知名度は後期印象派の巨匠ピエール=オーギュスト・ルノワール晩年のモデル「愛称:デデ」、かつピエールの息子で映画監督ジャン・ルノワールの最初の妻としてのものが大きい。

1920年にジャンと結婚。1921年には長男アランも生まれた。カトリーヌはかねてより女優志望が強く、ジャンが映画監督となったきっかけもカトリーヌの希望を叶える為であった。1924年に制作された『カトリーヌ』で銀幕デビューを果たすが、ジャンの初監督作の『水の娘』(La Fille de l'eau)を始めとしてその出演作品の多くがジャンの監督作であり、また賞レースとは無縁であった。

1931年にジャンが初のトーキー映画となった『牝犬』(La chienne)の主演女優にジャニー・マレーズ(Janie Marèse)を抜擢したことでジャンとの夫婦生活に亀裂が入り、1943年にジャンと離婚した。

離婚後も複数の作品に出演したものの、大きな印象を残すには至らなかった。1978年9月にパリ郊外で没した。

主な出演映画[編集]

  • 『カトリーヌ』-Catherine ou Une vie sans Joie1924年
  • 『水の娘』-La Fille de l'eau1925年)、監督:ジャン・ルノワール
  • 『女優ナナ』-Nana (1926年)、監督:ジャン・ルノワール
  • 『マッチ売りの少女』-La Petite marchande d'allumettes (1928年)、監督:ジャン・ルノワール
  • 『港町にて』-En Rade (1928年)、監督:アルベルト・カヴェルキャンティ
  • 『上から下まで』-Du Haut en Bas (1933年)、監督:ゲオルク・ヴィルヘルム・パープスト
  • 罪と罰』-Crime et Chatiment (1935年)、監督:ピエール・シュナール

カトリーヌ・エスランを描いた作品[編集]

外部リンク[編集]