カトリック教会の聖人暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カトリック教会の聖人暦(カトリックきょうかいのせいじんれき)では、カトリック教会において定められている聖人暦について説明する。

概説[編集]

カトリック教会では、第2バチカン公会議以降、典礼暦と聖人暦が見直された。その中で、1年間をキリストの生涯と関連付けるという典礼暦本来の意味が再確認された。これにともなって聖人暦も整理され、史実上の存在が明らかでない聖人などははずされ、キリストの降誕を準備する待降節復活を準備する四旬節からは基本的に聖人の祝いがはずされた。この結果、どの聖人の日でもない平日(feria)も含む聖人暦となった。

伝統的に聖人の祝祭日はその重要性に応じてランクがつけられている。そのランクはその聖人の重要性の順に大祝日(祭日)、祝日、義務の記念日、任意の記念日となっている。ミサや聖務日課において祭日や祝日の聖人の場合はその聖人固有の典礼文を用いるが、記念日では通常の式文も用いることができ、任意の記念日の場合では文字通り記念することも任意となっている。

聖人暦[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

関連項目[編集]