カテコールオキシダーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カテコールオキシダーゼ
識別子
EC番号 1.10.3.1
CAS登録番号 9002-10-2
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

カテコールオキシダーゼ (catechol oxidase; EC 1.10.3.1) とは、酵素の一種で、チロシナーゼジフェノールオキシダーゼカテゴラーゼo-ジフェノラーゼフェノラーゼ等の別名を持つ。カテコールオキシダーゼは以下の反応を触媒する。

2 カテコール + O2 \rightleftharpoons 2 1,2-benzoquinone + 2 H2O
CatecolOxidase react.png

また、チロシナーゼのようなを含むカテコールオキシダーゼは、EC 1.14.18.1に分類されるモノフェノールモノオキシゲナーゼとしての活性も持っている。その反応のようすを以下に示す。

L-チロシン + L-ドーパ + O2 \rightleftharpoons L-ドーパ + ドーパキノン + H2O
Tyrosinase reaction.PNG

なお、動物由来のものはチロシンドーパに対する活性が高いといわれている。

参考文献[編集]