カップリング (同人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カップリング(カプ、CPとも略称される)とは、同人創作活動においてキャラクター[1]同士の恋愛関係を表す語である。女性同性愛(百合)、男性同性愛やおいボーイズラブ)創作をはじめ、異性愛でも広く用いられる。

表記方法[編集]

恋愛の対象となる二人のキャラクターを「キャラクターA×キャラクターB」などと表記する。しばしば間の「×」は省略される。×の前に記されるキャラクターを攻めと呼び、能動的な立場で性行為では男性側を指す。×の後のキャラクターを受けと呼び、受動的な立場で性行為では女性側を指す。前述した例を元にするとキャラクターAは攻め、キャラクターBは受けとなる[2]

近年では従来の概念である「攻める=能動的=男役、受ける=受動的=女役」を逆にする天邪鬼思考の腐女子も現れ、「襲われ攻め(受動的な男役)」「襲い受け(能動的な女役)」などの表現が増えており、同じカップリングでも嗜好の違いによる対立なども問題になっている。

男性向けの場合[編集]

カップリング同人は女性向けに限られない。男性向けにおいてもカップリング二次創作は盛んである。これらはオフラインの同人誌よりはネットのSSやイラストにおいて盛んである。男性向けの場合「キャラクター名×キャラクター名」の表記の他に新世紀エヴァンゲリオンにおける碇シンジ&綾波レイのカップリングを LRS (LoveReiSinji)、碇シンジと惣流・アスカ・ラングレーのカップリングを LAS (LoveAsukaSinji) と表記するような独自の表記方法も見られる。

その他の表記[編集]

カップリングの内容をより細かく表すため、以下のような記号も用いられる。

A×B×A
攻め受けの立場が場合によって逆転する、いわゆる「リバーシブル」なカップリングであることを指す[3]
A+B(A&B)
AとBの友情関係を指す。
A→B
AがBに対して一方的に恋愛感情を抱いている関係、つまり片思いであることを指す[4]。A×B←CでAと恋愛関係にあるBにCが思いを寄せる関係、A→B←CでAとCがBを取り合う関係など複雑な表記もある。「B→A←C」 - BCがお互いにAに恋愛感情を抱く関係。「サンド」ともいう。

これらの表記方法は同人創作者によって異なる意味を表すことがある。また、これ以外の様々な記号を用いたり、記号自体を用いない場合もあり、一定の基準はないのが現状である。

どんな攻めであるか、どんな受けであるかという具体的な性格・ポジション・属性の説明は「○○攻め」あるいは「○○受け」などという言葉で形容される(ヘタレ攻め、年下攻め、眼鏡攻め、主人公受け、誘い受け、強気受けなど)。

用語[編集]

逆カップリング
あるカップリングに対して攻め受けが逆転したカップリング(A×Bに対してのB×Aのこと)[5]
リバーシブル(リバ)
攻め受けの立場が場合によって逆転するカップリング(A×BになったりB×Aになったりすること)。: リバーシブルは
  1. 一つの世界線の中でA×BとB×Aが同時に成り立っている同軸リバ
  2. A×BとB×Aとはあくまで別の世界線である別軸リバ
に分けられるが、実際は両者の区分は曖昧である。(その作品の中で直接描かれなくとも裏設定や未来で逆カプになっている可能性があるため。)
公式カップリング
原作で既に恋仲であるキャラクター同士のカップリングのこと。
ノーマルカップリング
異性愛カップリングのこと。「男女カップリング」と呼ぶこともあり、これに対し同性間のカップリングを指して「男男カップリング」「女女カップリング」との呼称もある。「のまかぷ」、「ノーマル」、「のま」などと、略して呼ばれることが多い。
総攻め/総受け
相手にかかわらず常に攻め/受けとなるキャラクターのこと。同軸も別軸もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 漫画アニメコンピュータゲームなどの登場人物であることが多いが、オリジナルのキャラクターであったり、実在の人物であることもある。本項において便宜的にキャラクターと総称する。
  2. ^ 異性愛のカップリングで女性が能動的な場合は女性を攻めとして表記する場合もある。
  3. ^ 渡辺由美子 「青少年漫画から見る「やおい」」『ユリイカ』2007年6月臨時増刊号、76頁。
  4. ^ 金田淳子 「ヤオイ・イズ・アライブ わかりたいあなたのための、やおいマンガ・マップ」『ユリイカ』 2006年1月号、169頁。
  5. ^ 野火ノビタ 『大人は判ってくれない―野火ノビタ批評集成』 日本評論社、2003年、235頁。ISBN 978-4535583672

外部リンク[編集]