カッピング療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カッピング療法を施す

カッピング療法(カッピングりょうほう)は吸い玉療法吸角法などとも呼ばれ、東洋でも西洋でも行なわれてきた伝統的な身体治療方法で、ガラス容器(吸い瓢吸いふくべ吸角)にアルコール類を入れて燃やして皮膚にあてると吸いつくので、その身体部分がうっ血状態になり、それが治療に役立つと信じられているもの。

日本でも中国の伝統中国医学の一技法である「抜罐」(バーグァン)の影響でいまでも広く行なわれている。 [1]

脚注[編集]

  1. ^ 吸玉・吸い玉・カッピング療法

参照項目[編集]

外部リンク[編集]