カチョカヴァッロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カチョカヴァッロ
熟成中のカチョガヴァロ

カチョカヴァッロ(伊語: Caciocavallo )は、イタリアチーズの種類のひとつ。「カチョ」はチーズ、「カヴァッロ」は馬の意(熟成させる際に袋に詰めたもの二つを紐で繋ぎ、横棒などに振り分けてぶら下げた様子が、馬の鞍の左右に袋をぶら下げて運ぶのに似ていたため)。[1]

概要[編集]

元はナポリ県ソレント地方産であったが、現在では南イタリアの各地(アブルッツォ州モリーゼ州ラーツィオ州など)で生産されている。火を通さない硬質チーズで、原料は牛の全乳、塩、レンネットのみを使用する。色は白く、固くなめらかなチーズである。

DOP指定のカチョカヴァッロ・シラーノや、カチョカヴァッロ・シチリアーノ、カチョカヴァッロ・ポドリコなどがある。

出典[編集]

  1. ^ Caciocavallo Silano DOP” (Italian). 2011年9月22日閲覧。

関連項目[編集]