カタリーナ・レナータ・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カタリーナ・レナータ大公女、ヤーコプ・デ・モンテ(Jakob de Monte)画、1591年頃

カタリーナ・レナータ・フォン・エスターライヒKatharina Renata von Österreich, 1576年1月4日 グラーツ - 1599年6月29日 グラーツ)は、オーストリア大公家大公女(Erzherzogin)神聖ローマ皇帝フェルディナント2世の姉。

内オーストリア大公カール(2世)とその妻でバイエルン公アルブレヒト5世の娘であるマリア・アンナの間の第4子、三女として生まれた。両親は実の叔父と姪の間柄だった。カタリーナ・レナータとその姉妹たちには、ハプスブルク家の成員に特徴的な突出した下唇(Habsburger Unterlippe)の相貌が顕著に現れたことで知られる[1]。カタリーナ・レナータはパルマ公ラヌッチョ1世と婚約したが[2]、結婚に向けた準備の最中に23歳の若さで死去した[3]。遺骸はゼッカウ修道院(Abtei Seckau)内の教会堂に葬られた[4]

参考文献[編集]

  • Constantin von Wurzbach: Habsburg, Katharina Renata von Steiermark. Nr. 162. In: Biographisches Lexikon des Kaiserthums Oesterreich. Band 6. Verlag L. C. Zamarski, Wien 1860, S. 404.

脚注[編集]

  1. ^ Deutsche Gesellschaft für Rassenhygiene: Archiv für Rassen- und Gesellschafts-Biologie, einschliesslich Rassen- und Gesellschafts-Hygiene, Band 8, S. 779 Digitalisat
  2. ^ Jahrbuch fur Europaische Geschichte 2007, Band 8, Oldenbourg Wissenschaftsverlag, 2007, S. 47
  3. ^ Brigitte Hamann: Die Habsburger: ein biographisches Lexikon, Piper, 1988, S. 278
  4. ^ Benno Roth: Seckau: Geschichte und Kultur, 1164-1964, Herold, 1964, S. 213

外部リンク[編集]