カタリーナ・マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
若き日のカーティア、1905年撮影

カタリーナカーティア・ヘートヴィヒ・マン=プリングスハイムKatharina "Katia" Hedwig Mann-Pringsheim1883年7月24日 - 1980年4月25日)は、ドイツの作家トーマス・マンの妻。

家系[編集]

アルフレート・プリングスハイム数学者。母ゲルトルート・ヘートヴィヒ・アンナ・ドーム=プリングスハイム女優。双子の兄クラウス・プリングスハイム指揮者。祖父エルンスト・ドームドイツ系ユダヤ人解放運動家。祖母マリアンネ・アデライーデ・ヘートヴィヒ・ドームは女性解放運動家。

生涯[編集]

ミュンヘン近郊のフェルダフィンクに生まれる。大学物理学数学を専攻していたが、1904年秋、母やおばの頼みで退学し、1905年2月11日トーマス・マンと結婚した。以後も4学期間、聴講生として学業を継続している。夫トーマスとの間に、エーリカ、クラウス、ゴーロ、モーニカ、エリーザベト、ミヒャエルの6児を儲けた。後に彼女がユダヤ系のためにナチスを追及を避け、夫トーマスら家族とチェコスロバキアに移住した。さらにチェコがナチスに占領されると米国に移住した。のち、戦後に帰国した。

1910年、長女のモーニカを産んだ後に体調を崩す。最初は結核の疑いがあったが、X線検査の結果、結核の兆候は認められなかった。彼女自身の申し立てにより心身症と考えられるようになり、数ヶ月のあいだ療養所で過ごして健康を恢復した。このときの彼女の体験は、トーマス・マン『魔の山』の材料となった。晩年は長男のクラウスの自殺、長女のエーリカ、次男のミヒャエルが病死し、及び夫トーマスに先立たれた後、スイスチューリヒ近郊のキルヒベルクで死去した。