カタリーナ・フォン・ヴュルテンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カタリーナ・フォン・ヴュルテンベルク
ジェローム・ボナパルトとカタリーナ

フリーデリケ・カタリーナ・ゾフィー・ドロテア・フォン・ヴュルテンベルク(Friederike Katharina Sophie Dorothea von Württemberg, 1783年2月21日 - 1835年11月29日)は、ナポレオン・ボナパルトの末弟ジェローム・ボナパルトの2度目の妻。

後のヴュルテンベルクフリードリヒ1世と妃アウグステ・カロリーネ(ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公カールと妃オーガスタ・オブ・ウェールズの娘)の娘として、サンクトペテルブルクで生まれた。

1807年8月、ジェロームとフォンテーヌブロー宮殿で結婚した。のち、短期間だがヴェストファーレン王国の王妃となった。ジェロームとの間に3子を生んだ。

カタリーナは、ローザンヌで1835年に亡くなった。