カタリナ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flight 27[1]
Tp 79 Hugin at F 8 Barkarby in 1951.
事件・インシデントの概要
日付 1952年6月13日
概要 撃墜
現場 ゴツカ・サンド島の東
北緯58度23.522分 東経20度17.460分 / 北緯58.392033度 東経20.291000度 / 58.392033; 20.291000座標: 北緯58度23.522分 東経20度17.460分 / 北緯58.392033度 東経20.291000度 / 58.392033; 20.291000[2]
乗客数 0名
乗員数 8名
死者数 8名(全員)
機種 ダグラス DC-3A-360 スカイトレイン
機体名 Hugin [3][4]
運用者 スウェーデン空軍
出発地 ストックホルム・ブロンマ空港
ストックホルム, スウェーデン
目的地 ストックホルム・ブロンマ空港
行方不明となったHuginを捜索中にソビエト軍に撃墜されたカタリナ
事件・インシデントの概要
日付 1952年6月16日
概要 撃墜
現場 ゴツカ・サンド島の東
乗客数 0名
乗員数 5名
死者数 0名
機種 PBY-5 カタリナ
運用者 スウェーデン空軍
機体記号 19520616-1
出発地 F 2 Hägernäs[5]
near Stockholm, Sweden
目的地 F 2 Hägernäs[6]

カタリナ事件スウェーデン語: Catalinaaffären)は、1952年6月に発生したソビエト連邦のジェット戦闘機バルト海域の公海上で2機のスウェーデン機を撃墜したという軍事的衝突であり、冷戦期間中の外交的危機である。撃墜された最初の機体は、スウェーデン国防電波局の任務でシギント活動を実施していたダグラス DC-3の派生型であるスウェーデン空軍Tp 79であった。この機体の搭乗員8名の中で救助された者はいなかった。2番目に撃墜された機体は、行方不明のTp 79の捜索救助活動を行っていたスウェーデン空軍のTp 47 カタリナ 飛行艇であったが、カタリナ機の搭乗員5名は救助された。ソビエト連邦は1991年ソ連崩壊まで公式にこの事件への関与を否定していた。2003年に撃墜された2機の位置が特定され、Tp 79は引き揚げられた。

機体と搭乗員[編集]

DC-3[編集]

事件に関与した最初の機体はDC-3旅客機から派生した軍用輸送機ダグラス DC-3A-360 スカイトレイン[2](スウェーデン空軍名称Tp 79、シリアルナンバー:79001)であった。この事件以降メディアでは単に「このDC-3」("the DC-3.")として扱われるようになった。

当該機は元々アメリカ合衆国のシリアルナンバー42-5694として1943年に製造され、アメリカ陸軍航空軍第15兵員輸送飛行隊第61st兵員輸送群)に配属された。北アフリカ戦域で従軍した後にイギリスバークストン・ヒース空軍基地に配備された。1946年2月5日にフランスオルリー空軍基地から西ドイツハーナウ陸軍飛行場を経由してブロンマまで運ばれ、5月18日にスカンディナヴィスカ・アエロ社(Skandinaviska Aero AB)の民間機SE-APZとして登録された[7][8]

1952年6月13日に当該機はスウェーデン国防電波局の任務でシギント活動を実施している最中にゴツカ・サンド島の東で行方不明となった[9]。この事案で機体と共に8名の搭乗員全員が失われたが、この内3名はスウェーデン空軍所属の軍人、その他の5名はスウェーデン国防電波局所属の民間人のシギント要員であった[10]

  • アルヴァー・エルメベリ(Alvar Älmeberg):パイロット
  • イェスタ・ブラッド(Gösta Blad):航法士/通信士
  • ヘルベルト・マットソン(Herbert Mattson):航空機関士
  • エイナール・ヨンソン(Einar Jonsson):SIGINT班 指揮官
  • イーヴァル・スヴェンソン(Ivar Svensson):SIGINT要員
  • エリク・カールソン(Erik Carlsson):SIGINT要員
  • ベント・ブーク(Bengt Book):SIGINT要員
  • ボルゲ・ニルソン(Börge Nilsson):SIGINT要員

カタリナ[編集]

最初の事件から3日後の1952年6月16日に2機のコンソリデーテッド PBY-5 カタリナ(スウェーデン空軍名称Tp 47)がエストニアの北で行方不明となったDC-3を捜索していた。この内の1機シリアルナンバー47002[9]がソビエト軍機に撃墜されたが、西ドイツの貨物船「ミュンスターランド」(Münsterland)の近くに不時着水した5名の搭乗員は救助された[11][12][13]

余波[編集]

ソビエト連邦はこのDC-3機の撃墜を否定したが、数日後にソビエトの榴散弾の痕跡を残した救命ボートが発見された。1956年スウェーデンの首相ターゲ・エルランダーとの会談でソビエト連邦の指導者ニキータ・フルシチョフはこのDC-3機の撃墜を認めたが、当時はこの情報は公表されなかった。

スウェーデンは40年近くも当該機は航法訓練飛行を実施していたと主張していた[14]が、搭乗員達の家族からの圧力を受けてようやく[15]スウェーデン当局はこのDC-3機がイギリス製の機器を装備してNATOのためにスパイ活動を行っていたことを認めた[16]

1991年1950年代初めに大佐であったFyodor Sjinkarenko (ru)将軍は自身が1952年スクランブルで迎撃に向かったMiG-15bisにこのDC-3機の撃墜を命じたことを認めた[12][17]

引き揚げ[編集]

スウェーデン空軍博物館に展示されているDC-3の残骸

2003年6月10日に航空会社の機長(Anders Jallai)と歴史家の(Carl Douglas)はスウェーデンの企業Marin Mätteknik ABの協力を受けてソナーを使用して水深126 m (413 ft)で撃墜されたDC-3機の残骸を発見した[2][16][18][19]。しばらく後にはカタリナ機も公式の墜落地点から22キロメートル (14 mi)東の地点で発見された。

事件から52年後の2004年3月19日にDC-3機の残骸は約200 m3 (7,100 cu ft)の沈殿物と共に凍結されて引き揚げられた[20]。この残骸は調査のためにムスコ海軍基地に運搬/保管され、2009年3月13日に展示のためにリンシェーピングにあるスウェーデン空軍博物館に運ばれた[21]。2009年5月5日に79001機の1/12模型が空軍博物館へ貸与された[22]

結論[編集]

79001機に残された弾痕はこのDC-3機がMiG-15bis戦闘機に撃墜されたことを示していた。コックピット内の時計の一つが11:28:40 CETで停止していたことから、正確な墜落着水時間も特定できた[23]。これまでに搭乗員8名中4名の遺体が発見され、明確な身元確認がされている[24]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Magnusson, p. 10
  2. ^ a b c Magnusson 2007, p. 9
  3. ^ Magnusson 2007, p. 133, p. 202
  4. ^ The sister aircraft 79002 was called Munin. Magnusson 2007, p. 47
  5. ^ Magnusson 2007, p. 33.
  6. ^ Assumed to be same as origin.
  7. ^ Magnusson 2007, p. 9 and 46
  8. ^ RZJets database entry”. Rzjets. 2010年11月11日閲覧。
  9. ^ a b Magnusson 2007, p. 11
  10. ^ Magnusson 2007, pp. 42-43
  11. ^ The Catalina Affair”. BBC. 2010年10月11日閲覧。
  12. ^ a b A Troubled Time”. Swedish Air Force Museum. 2013年11月20日閲覧。
  13. ^ Accident description”. Aviation Safety Network. 2010年11月11日閲覧。
  14. ^ Grisell 2007, p. 3
  15. ^ Älmeberg, Roger (2008年4月1日). “The Swedish DC-3 & The Destiny of its Crew”. 2011年5月26日閲覧。
  16. ^ a b Lovgren, Stefan (2003年10月10日). “Cold War Spy Plane Found in Baltic Sea”. National Geographic News. pp. 1–2. 2011年5月26日閲覧。
  17. ^ Magnusson 2007, p. 12
  18. ^ FRA 2003, p. 3
  19. ^ Nedskjutna DC 3:an återfunnen” (Swedish). Stockholm, Sweden: Dagens Nyheter (2003年6月6日). 2010年11月12日閲覧。
  20. ^ Case study: The Catalina Affair”. Kiruna, Sweden: FriGeo AB. 2010年11月10日閲覧。
  21. ^ From the Baltic Sea to the Swedish Air Force Museum”. Swedish Air Force Museum. 2013年11月20日閲覧。
  22. ^ Gunnar Åkerberg. “Modell av Tp 79001 överlämnad till Flygvapenmuseum” (Swedish). Stockholm, Sweden: Östergötlands Flyghistoriska Sällskap. 2010年11月12日閲覧。
  23. ^ Magnusson 2007, p. 137
  24. ^ Holmlund 2008, pp. 5-9

出典[編集]

外部リンク[編集]