カスピアン航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カスピアン航空
هواپیمایی کاسپین
IATA
RV
ICAO
CPN
コールサイン
CASPIAN
設立 1993年
ハブ空港 エマーム・ホメイニー国際空港
メヘラーバード国際空港
保有機材数 6機
就航地 20都市
親会社 イラン国営航空
本拠地 Flag of Iran.svg テヘランイラン
外部リンク http://www.caspian.aero/

カスピアン航空ペルシア語: هواپیمایی کاسپین‎; Havāpeimāī-ye Kāspiyan)はイランの航空会社。1993年テヘランで設立された。テヘランとイランの主要都市間の国内線、テヘランからアルメニアウクライナアラブ首長国連邦シリアトルコへの国際線を運航している。テヘランのメヘラーバード国際空港を拠点としている[1]

沿革[編集]

カスピアン航空は1993年に設立。同9月に運航を開始した。イランとロシア合弁事業であり、機材はロシア製のツポレフを用いている。

就航都市[編集]

国内[編集]

国際[編集]

機材[編集]

カスピアン航空の機材は以下の通り(2009年7月15日現在)[2]

事故[編集]

2009年7月15日、カスピアン航空7908便ツポレフ Tu-154M)が、テヘランを離陸し、エレヴァンに向けて飛行中、イラン・ガズヴィーン州付近で墜落。おそらく搭乗した168人(乗客153人、乗員15人)が死亡したものと見られる[3] [4]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Directory: World Airlines”. Flight International: p. 62. (2007年3月27日) 
  2. ^ ch-aero
  3. ^ eTurboNews
  4. ^ Many dead in Iranian plane crash” (英語). BBC (2009年7月15日). 2009年7月15日閲覧。

外部リンク[編集]