カストロカウダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カストロカウダ
Castorocauda
カストロカウダ
カストロカウダ
地質時代
ジュラ紀中期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 四肢動物上綱 Tetrapoda
: 単弓綱 Synapsida
階級なし : 哺乳形類 Mammaliaformes
: 梁歯目 Docodonta
: カストロカウダ属 Castorocauda
学名
Castorocauda
Ji et al, 2006

カストロカウダ (Castorocauda) とは、中生代ジュラ紀中期のアジアに生息していた、ビーバーなどに似た哺乳形類(「広義」哺乳類)である。キノドン類から分岐の後、真の哺乳類が現れる前に出現した絶滅群、梁歯目に属する[1]属名の「カストロ」はビーバーを、「カウダ」はを意味している[2]

中国北部より化石が出土[2]

特徴[編集]

全長約45cm。骨格は穴掘りに適応した形態である[2]。一方、属名に現される様に、ビーバーの様な扁平でに覆われたを持っており、同様に水中生活をしていた事を示している。水生に適応した「広義」哺乳類では、既知で最古のものとされる[2]の形態から、魚食性だったと推定されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『絶滅哺乳類図鑑』 31, 40頁
  2. ^ a b c d 『絶滅哺乳類図鑑』 31頁

関連項目[編集]

半水生の哺乳類及び近縁な生物[編集]

中生代の多様な哺乳類[編集]

参考文献[編集]

  • 富田幸光 『新版 絶滅哺乳類図鑑』 伊藤丙雄、岡本泰子、丸善2011年、31, 32, 40頁。ISBN 978-4-621-08290-4